月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

ゲブレシラシェが大会新の2時間18分11秒で女子マラソンV ハイペースの激戦制す/世界陸上


◇オレゴン世界陸上(7月15日〜24日/米国・オレゴン州ユージン)4日目

オレゴン世界陸上4日目のモーニングセッションに行われた女子マラソン。昨年のベルリン・マラソン覇者のゴティトム・ゲブレシラシェ(エチオピア)が2時間18分11秒の大会新記録で優勝を飾った。

5kmを16分10秒というハイペースとなったレースは、序盤でアフリカ勢を中心とした8人に先頭集団が絞られた。10kmから15kmまでの5kmは16分50秒と落ち着いたが、18km過ぎに前回優勝のルース・チェプンゲティチ(ケニア)がコースを外れると、レースは一気に動く。ゲブレシラシェとアバベル・イェシャネー(エチオピア)が仕掛けると、ジュディス・コリル(ケニア)がこれに反応し、3人の争いとなった。

28km手前でイェシャネーが脱落すると、以降はゲブレシラシェとコリルの息詰まる優勝争いとなったが、40.5km地点でゲブレシラシェが抜けだし、世界選手権初の2時間20分切りとなる好タイムでフィニッシュした。

コリルが9秒差の2時間18分20秒で2位となり、後半に順位を上げたロナ・チェムタイ・サルペーター(イスラエル)が2時間20分18秒で銅メダルを獲得した。

■女子マラソン上位成績
1位 ゴティトム・ゲブレシラシェ(エチオピア)  2時間18分11秒=大会新
2位 ジュディス・コリル(ケニア)        2時間18分20秒
3位 ロナ・チェムタイ・サルペーター(イスラエル)2時間20分18秒
4位 ナズレト・ウェルドゥ(エリトリア)     2時間20分29秒
5位 サラ・ホール(米国)            2時間22分10秒
6位 アンジェラ・タヌイ(ケニア)        2時間22分15秒
7位 エマ・ベイツ(米国)            2時間23分18秒
8位 ケイラ・ダマート(米国)          2時間23分34秒
9位 松田瑞生(ダイハツ)            2時間23分49秒

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com