月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

松田瑞生が後半に追い上げ9位! 入賞届かずも大会日本人最速の2時間23分49秒/世界陸上

◇オレゴン世界陸上(7月15日〜24日/米国・オレゴン州ユージン)4日目

オレゴン世界陸上4日目のモーニングセッションに行われた女子マラソン。松田瑞生(ダイハツ)は2時間23分49秒の9位でフィニッシュした。

ハイペースで突っ込んだ先頭集団にはついていかず、2km地点からほぼ独走でレースを進めた松田。16位で10kmを33分30秒、20kmを1時間7分07秒とイーブンペースをキープ。後半には序盤で先頭集団を走っていた選手たちが途中棄権やペースダウンしたことから、順位を少しずつ上げ35kmは10位で通過した。

36.6kmでジェス・ピアスキー(英国)をかわして9位に浮上すると、40kmには8位ケイラ・ダマート(米国)に2秒差まで迫る。しかし、その直後のダマートのスパートには対応できず、9位でのフィニッシュとなった。

フィニッシュタイムは世界選手権における日本人最高タイムだった。

■女子マラソン上位成績
1位 ゴティトム・ゲブレシラシェ(エチオピア)  2時間18分11秒=大会新
2位 ジュディス・コリル(ケニア)        2時間18分20秒
3位 ロナ・チェムタイ・サルペーター(イスラエル)2時間20分18秒
4位 ナズレト・ウェルドゥ(エリトリア)     2時間20分29秒
5位 サラ・ホール(米国)            2時間22分10秒
6位 アンジェラ・タヌイ(ケニア)        2時間22分15秒
7位 エマ・ベイツ(米国)            2時間23分18秒
8位 ケイラ・ダマート(米国)          2時間23分34秒
9位 松田瑞生(ダイハツ)            2時間23分49秒

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com