月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

男子走幅跳・橋岡優輝が2大会連続決勝進出!!2回目に8m18で通過標準突破!/世界陸上

◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州・ユージン)1日目

オレゴン世界陸上初日のイブニングセッションに行われた男子走幅跳予選。A組に出場した橋岡優輝(富士通)は2回目に8m18(+0.4)をマークし、予選通過記録8m15を突破。8位に入賞した前回のドーハ大会に続いて決勝進出を決めた。

橋岡は1回目はファウルだったが、2回目にしっかりと踏み切りを合わせて大ジャンプ。1995年イエテボリ世界選手権で朝原宣治が作った世界選手権日本人最高記録を上回り、2大会連続のファイナル進出を果たした。

決勝は16日10時20分(日本時間)に行われる。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com