月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

住所大翔が攻めるレースで8位入賞「夢に見ていたことが現実になった」/世界陸上


◇オレゴン世界陸上(7月15日〜24日/米国・オレゴン州ユージン)1日目

オレゴン世界陸上初日のモーニングセッションに行われた男子20㎞競歩。住所大翔(順大)がセカンドベストの1時間20分39秒で8位入賞を果たした。

果敢に先頭集団に食らいついたレースを展開。「挑戦することが目標でした。攻めるレースができて良かったです」。15km手前で優勝争いからは脱落したが、初の国際舞台で存分に力を発揮した。

「入賞を夢に見ていましたが、現実になってうれしいです」。少し目がうるんでいたようにも見えた。

兵庫・飾磨工高時代に5000m競歩で高校記録を樹立するなど、ジュニア時代から注目されていた逸材。2月の日本選手権20km競歩で2位だったが、3月の能美競歩で優勝した松永大介(富士通)が35kmに転向したことで、代表の座をつかんだ。

本人にとって大きな8位入賞。それでも先輩たちの牙城は厚い。日本勢では金メダルの山西利和(愛知製鋼)、銀メダルの池田向希(旭化成)に続く3番手だ。「追いつけるようにトレーニングを続けたいです」と意気込んだ。

※記事に誤りがあり訂正しました。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com