月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

25年世界陸上の東京開催決定 尾縣会長「スポーツの進化、魅力を伝えたい」

2025年世界選手権の東京開催が決まったことを受け、日本陸連の尾縣貢会長と東京都の潮田勉副知事が、15日に開幕する世界選手権の開催地・米国オレゴン州ユージンで会見に臨んだ。

現地の午前中の世界陸連(WA)カウンシル会議によって開催地が決定。13時頃にWAセバスチャン・コー会長から直接、尾縣会長へ電話が入ったという。そこでは昨年の東京五輪を含めた国際大会や、招致活動について評価。尾縣会長は「関係者にご尽力に感謝します」と述べ、「歴史に残る世界陸上にしたい」と語る。

世界選手権の開催は91年東京、07年大阪に次いで日本で3回目。これは国別では単独最多となる。昨年の東京五輪は無観客開催だったこともあり、「多くの観客の前で」(尾縣会長)と開催への準備を進める。

開催時期について、WAは「8月末」を希望しているが、「アスリートの安全と記録が出る」と日本陸連は「9月中旬」での開催を目指している。また、常設されていないサブトラック問題について「織田フィールドや東京体育館を活用」していく見込みだ。マラソン・競歩についても東京での実施を目指す。

東京五輪が終え、中心として牽引してきた選手が疲労困憊となったり、若手アスリートが競技生活を終えたりするなどもあったが、尾縣会長は「2025年が決まって大きな目標ができた。ベテランが引っ張り、若手が成長し、今まで一番強いチームジャパンを作り上げてほしい」と期待を寄せる。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com