月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

世界クロカンの開催地が決定 24年がクロアチア、26年は米国・タラハシー

7月15日、世界陸連(WA)は世界クロスカントリー選手権の開催地決定を発表した。24年大会をクロアチアのプーラとメドゥリン、26年大会を米国・フロリダ州タラハシーで開催することが決まった。

クロアチアでの開催は初めて。米国は1984年のニューヨーク大会、92年のボストン大会の実施実績がある。米国は、大会の開催を「2028年ロサンゼルス五輪に向け、陸上を国内トップ5のスポーツにする」という目標を後押しするものとみている。

次回大会は23年2月18日に豪州のバサーストでの実施がすでに決まっている。当初の開催は21年3月20日の予定だったが新型コロナウイルスの影響により22年2月19日に延期、その後に再延期が決まり来年の開催となる。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com