月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

飯塚翔太31歳のバースデーラン20秒57の3位「まだベスト出せる」理想追求し試行錯誤/布勢スプリント

◇布勢スプリント2022(6月25、26日/鳥取・ヤマタスポーツパーク)1日目

日本グランプリシリーズ鳥取大会の「布勢スプリント2022」が行われた。

男子200mには東京五輪代表の飯塚翔太(ミズノ)が出場。この日が31歳の誕生日だった飯塚は20秒57(+1.2)をマークして3位だった。

オレゴン世界選手権代表選考会だった日本選手権は20秒84(+1.7)で7位。参加標準記録(20秒24)とワールドランキングのアップを狙ったが「あとは(代表圏内に入るか)待ちます」と語った。

5月の静岡国際で20秒34をマーク。「前半は維持して後半頑張る」走りをして好結果だったが、日本選手権では「同じパターン」で臨んで厳しい結果に。今回は「前半から上げていって後半(失速を)抑える」意識で走ったという。

「試行錯誤ですね」。オリンピックは12年ロンドン、16年リオ、21年東京と3度出場してきた。自己ベスト20秒11は日本歴代3位。リオでは4×100mリレー銀メダル獲得と、日本スプリント界を牽引してきた。それでも、「毎年、理想の走りが違う」。昨年良かった走りが、今年良いかと言えば違う。自分のフィジカルと、調子と、感覚。研ぎ澄ませれば研ぎ澄ませるほど繊細で、難しい。それが楽しくもある。

「練習でもベストが出るなど数字も出ているので、自己ベストは更新できると思っています」と飯塚。まだまだ立ち止まるつもりはない。

長く一線で活躍する秘訣には「陸上と同じくらい没頭する趣味を持つこと」と飯塚。自身はゲームに夢中になる時間を作るようで「オンラインで僕のことを知らない人とゲームをする。陸上のことは考えません。そういった時間を持つことが大事じゃないですかね」と語った。

一方で、ともに走り続け、公私ともに交流のある桐生祥秀(日本生命)の休養宣言に理解を示す。「高校生の時から(注目されてきた)ですから」と慮り、「休んでいいと思うし、またパワーを蓄えて戻ってきますよ」と“兄貴分”らしくエールを送った。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com