HOME ニュース、海外

2022.06.26

女子400mHマクラフリンが51秒41の世界新! 男子400mノーマンは全米連覇 フェリックスは個人での世界陸上逃す/全米選手権
女子400mHマクラフリンが51秒41の世界新! 男子400mノーマンは全米連覇 フェリックスは個人での世界陸上逃す/全米選手権

東京五輪女子400mHで金メダルを獲得したマクローリン


写真/Mochizuki Jiro(Agence SHOT)
6月25日、オレゴン世界選手権の選考会を兼ねた全米選手権3日目が、オレゴン州ヘイワードフィールドで行われ、女子400mハードルでは東京五輪金メダリストのシドニー・マクラフリンが自身の持つ世界記録を0.05秒更新する51秒41で優勝を飾った。

22歳のマクラフリンは今季初戦となった今月5日の競技会でパフォーマンス世界歴代3位の51秒61をマーク。昨日の準決勝では2着以下を大きく引き離す52秒90で決勝に駒を進めていた。決勝ではスタートから圧倒的なスピードでリードを奪い、残り100mの直線に入ってもライバルをさらに引き離してフィニッシュ。昨年の東京五輪で打ち立てた世界記録を再び塗り替えた。

この他、男子400mでは東京五輪5位で43秒45のベストを持つM.ノーマンが43秒56の今季世界最高で快勝。地元世界選手権への弾みとした。女子100mハードルでも東京五輪銀のK.ハリソンが今季トップタイムの12秒34(+1.4)をマークして、優勝を飾っている。男子棒高跳は実力者のC.ニルセンが5m70でV。女子三段跳のK.オルジはスタジアムレコードの14m79(+1.8)で全米6連覇を果たした。

また、女子400mは大学生の新星・T.ディックスが50秒22で優勝。女子陸上選手最多の11個のメダルを獲得しているA.フェリックスは51秒24で6位にとどまり、この種目での世界選手権出場を逃した。

男子200mは予選が行われ、東京五輪銅のN.ライルズが19秒95(+1.1)でトップ通過。U20世界記録保持者の18歳・E.ナイトンは20秒08(+1.1)をマークし、翌日の準決勝進出を決めている。

■女子400mH世界歴代10傑
51.41 S.マクラフリン(米国)   2022. 6.25
51.58 D.ムハンマド(米国)    2021. 8. 4
52.03 F.ボル(オランダ)     2021. 8. 4
52.34 Y.ペチョンキナ(ロシア)  2003. 8. 8
52.39 S.リトル(米国)      2021. 7. 4
52.42 M.ウォーカー(ジャマイカ) 2009. 8.20
52.47 L.ディーマス(米国)    2011. 9. 1
52.61 K.バッテン(米国)     1995. 8.11
52.62 T.ビュフォード(米国)   1995. 8.11
52.70 N.アンチュフ(ロシア)   2012. 8. 8

写真/Mochizuki Jiro(Agence SHOT) 6月25日、オレゴン世界選手権の選考会を兼ねた全米選手権3日目が、オレゴン州ヘイワードフィールドで行われ、女子400mハードルでは東京五輪金メダリストのシドニー・マクラフリンが自身の持つ世界記録を0.05秒更新する51秒41で優勝を飾った。 22歳のマクラフリンは今季初戦となった今月5日の競技会でパフォーマンス世界歴代3位の51秒61をマーク。昨日の準決勝では2着以下を大きく引き離す52秒90で決勝に駒を進めていた。決勝ではスタートから圧倒的なスピードでリードを奪い、残り100mの直線に入ってもライバルをさらに引き離してフィニッシュ。昨年の東京五輪で打ち立てた世界記録を再び塗り替えた。 この他、男子400mでは東京五輪5位で43秒45のベストを持つM.ノーマンが43秒56の今季世界最高で快勝。地元世界選手権への弾みとした。女子100mハードルでも東京五輪銀のK.ハリソンが今季トップタイムの12秒34(+1.4)をマークして、優勝を飾っている。男子棒高跳は実力者のC.ニルセンが5m70でV。女子三段跳のK.オルジはスタジアムレコードの14m79(+1.8)で全米6連覇を果たした。 また、女子400mは大学生の新星・T.ディックスが50秒22で優勝。女子陸上選手最多の11個のメダルを獲得しているA.フェリックスは51秒24で6位にとどまり、この種目での世界選手権出場を逃した。 男子200mは予選が行われ、東京五輪銅のN.ライルズが19秒95(+1.1)でトップ通過。U20世界記録保持者の18歳・E.ナイトンは20秒08(+1.1)をマークし、翌日の準決勝進出を決めている。 ■女子400mH世界歴代10傑 51.41 S.マクラフリン(米国)   2022. 6.25 51.58 D.ムハンマド(米国)    2021. 8. 4 52.03 F.ボル(オランダ)     2021. 8. 4 52.34 Y.ペチョンキナ(ロシア)  2003. 8. 8 52.39 S.リトル(米国)      2021. 7. 4 52.42 M.ウォーカー(ジャマイカ) 2009. 8.20 52.47 L.ディーマス(米国)    2011. 9. 1 52.61 K.バッテン(米国)     1995. 8.11 52.62 T.ビュフォード(米国)   1995. 8.11 52.70 N.アンチュフ(ロシア)   2012. 8. 8

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.13

東大阪大敬愛高が4×800mRで日本新!日本選手権Vの久保凛 2分01秒台の激走に「自信になります」

7月13日、東大阪市第2回OV30陸上競技記録会が東大阪市のトライスタジアム(花園中央公園多目的競技場)で行われ、女子4×800mリレーに東大阪大敬愛高(大阪)の2チームが出場。北村凜(3年)、朝野流南(2年)、田村実彩 […]

NEWS 五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

2024.07.13

五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第3戦の士別大会が7月13日に行われ、女子3000mAではパリ五輪5000m代表の樺沢和佳奈(三井住友海上)が8分53秒99の自己新をマークした。 6月末の日本選手権以来のレースと […]

NEWS 男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

2024.07.13

男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

7月12日、男子走高跳のM.E.バルシム(カタール)が自身のSNSを更新し、「パリ五輪が自身最後の五輪になる」と発表した。 6月に33歳となったバルシムは男子走高跳を長く牽引してきたジャンパー。2010年の世界ジュニア選 […]

NEWS 男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

2024.07.13

男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

7月13日、第97回北海道選手権の初日が網走市運動公園市営陸上競技場で行われ、男子走幅跳に日本記録保持者の城山正太郎(ゼンリン)が出場し、シーズンベストの7m86(+1.7)で優勝した。 昨年の世界選手権代表の城山。今季 […]

NEWS 【男子200m】井手友郎(済美高1) 21秒28=高1歴代8位

2024.07.13

【男子200m】井手友郎(済美高1) 21秒28=高1歴代8位

7月13日、第79回愛媛県選手権の2日目が行われ、男子200mで高校1年生の井手友郎(済美高1愛媛)が21秒28(+1.5)の大会新記録で優勝した。この記録は高1歴代8位の好記録となる。 井手は桑原中時代に全中200m5 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top