月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

大阪経大が1位で2年連続の本大会へ 関西学大、立命大も出場権獲得/全日本大学駅伝関西地区選考会


秩父宮賜杯第54回全日本大学駅伝関西学連出場大学選考競技会が6月19日、京都・たけびしスタジアム京都で行われ、大阪経大が1位で伊勢路を決めた。また、2位には関西学大、3位には立命大が入り、本大会の出場権を手にした。

3つの出場枠を懸けて、12校がエントリーした選考競技会には、各大学最大10人が出場。10000mのトラックレースを4組実施して、上位8人の合計タイムで争われた。

大阪経大は片山蓮が2組トップ(30分34秒54)でフィニッシュしたほか、4組の島野和志も29分57秒63で3着(総合4位)とチームを牽引。この2人を含め、計7人がひとケタ順位で走り切るなど、4時間6分01秒35で2年連続24回目の全日本を決めた。

関西学院大は3組に出場した守屋和希が1着(29分46秒89)で入線し、総合でも2位。合計タイムこそ大阪経大には17秒72及ばなかったが、4年連続12回目の伊勢路。立命大は大森駿斗が4組で2位(29分48秒71)でチームを押し上げ、22年連続34回目の本大会出場権を得た。

全日本大学駅伝は11月6日、愛知県名古屋市の熱田神宮から三重県伊勢市の伊勢神宮までの8区間106.8kmのコースで行われる。

■全日本大学駅伝関西学連出場大学選考競技会 総合成績
1位 大阪経大  4時間6分01秒35
2位 関学大   4時間6分19秒07
3位 立命大   4時間6分55秒68
―以上、本大会出場―
4位 関大    4時間7分35秒24
5位 びわこ学大 4時間9分39秒20
6位 京産大   4時間10分19秒77
7位 京大    4時間16分24秒93
8位 同大    4時間20分47秒15
9位 阪大    4時間22分34秒38
10位 龍谷大   4時間24分19秒19
11位 神戸学大 4時間26分54秒41
12位 近大   4時間28分11秒38

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com