HOME 高校

2022.06.20

男女800mで好記録!女子は北九州市立コンビが2分07秒台、男子は1分49秒台の好勝負が展開/IH北九州
男女800mで好記録!女子は北九州市立コンビが2分07秒台、男子は1分49秒台の好勝負が展開/IH北九州

◇インターハイ北九州大会(6月16日~19日/佐賀市)

広告の下にコンテンツが続きます

夏の徳島インターハイをかけた北九州大会、最高気温が32度を超えた大会3日目。男女の800mで大会新記録が誕生した。

女子は、U20日本選手権1500m優勝の下森美咲(北九州市立2福岡)と、福岡県大会で下森を抑えて優勝した江藤杏梨(北九州市立2福岡)の、チームメイトによる優勝争い。お互いの存在を糧にレベルアップしてきた2人は、「一緒に走ることでいいタイムが出る」と、牽制することなく1周を63秒で通過。県大会はラスト20m付近で江藤が前に出たが、今回は下森が一度も先頭を譲ることなく、2分07秒36の自己ベストV。江藤も2分07秒88の自己ベストで続いた。

これまでの大会記録は1992年に池田真理子(福岡南女)が出した2分08秒46で、女子では最も古い記録。それを30年ぶりに塗り替えた下森は「2人で狙おうと話していたので、うれしいです」と笑顔。江藤も「(2分07秒台の自己新は)信じられないけど、やっぱり優勝できなくて悔しいです」と複雑な心境を垣間見せた。今年の女子800mは全国的にレベルが高いが、クラスメイトで双子のように仲のいい2人は「2分06秒台を狙って、一緒に入賞したいです」と溌剌と意気込んでいる。

直後に行われた男子も、見応えのあるレースになった。日本選手権の予選で1分47秒69をマーク、決勝に進出して6位入賞を果たした後田築(創成館3長崎)と、福井インターハイ5位の青木龍翔(大牟田3福岡)が激突。1500mで青木に敗れ、3位に終わっていた後田は「1500mの反省を活かし、抜かせないレースをしよう」と、ラストで前に出る得意のレースパターンを崩し、レースを牽引した。

広告の下にコンテンツが続きます

1周を54秒のハイペースで通過すると、集団は縦長に。後田の後ろには、長崎県大会2位通過の井口愁斗(瓊浦2長崎)と青木が付いたが、後田がラスト300mからスピードを上げ、追随を許さなかった。後田の1分49秒16、青木の1分49秒42、井口の1分50分99までが大会新で27年ぶりの更新となった。後田は「日本選手権でシニアと戦い、高校とのレース展開の違いを実感しました。自分が引っ張るレースで1分40秒台が出せたことは自信になります」と、安堵の表情を見せた。

このほかにも、男子400mHで渕上翔太(東福岡2)が51秒20の大会新。世界ユース選手権2位の藤井琉成(小倉工)が2015年に出した記録を更新し、「次のレース(福岡県学年別選手権で)で50秒台を出したい」と自信を深めていた。

女子総合はフィールド2種目を含む3種目で優勝した福岡大若葉、男子総合はリレー2種目を含むトラック6種目で優勝者を出した東福岡が制した。

地区大会は全11地区で開催。各種目上位6名(競歩、女子棒高跳、三段跳、ハンマー投は上位4位、混成は3位+各地区4~6位の記録上位5名)が全国大会に出場。インターハイは8月3日から7日まで徳島県で開催される。

広告の下にコンテンツが続きます

◇北九州大会の優勝者一覧
男子
100m   深山創希(口加3長崎)10秒81(-1.9)
200m   黒木海翔(東福岡2福岡)21秒48(-0.4)
400m    冨永湧平(東福岡3福岡)47秒87
800m   後田 築(創成館3長崎)1分49秒16=大会新
1500m  谷本昂士郎(大牟田2福岡)3分57秒22
5000m  ダニエル・ディリツ(大分東明3大分)13分47秒64
110mH  藤本竜飛(東福岡3福岡)14秒92(-2.5)
400mH  渕上翔太(東福岡2福岡)51秒20=大会新
3000mSC 高木 凌(鎮西学院3長崎)9分17秒34
5000mW  浜田理温(純真3福岡)21分17秒40
4×100mR 東福岡(福岡)40秒97
4×400mR 東福岡(福岡)3分11秒56
走高跳  岩尾 蓮(杵築3大分)2m00
棒高跳  子籠亮太(戸畑3福岡)4m70
走幅跳  仙川晃聖(杵築2大分)7m25(+2.6)
三段跳  山口源太朗(武雄3佐賀)14m77(+1.5)
砲丸投   小林啓祐(中間3福岡)14m55
円盤投   安永壮汰(飯塚3福岡)44m31
ハンマー投 城代三四郎(筑紫3福岡)55m69
やり投   薬師寺新(大分雄城台3大分)61m05
八種競技  山下 晃(青豊3福岡)5053点

女子
100m   柴藤 凛(福岡大若葉2福岡)12秒06(-1.9)
200m   井手口陽菜里(筑紫女学園2福岡)24秒42(-1.5)
400m    林 心春(福岡大若葉2福岡)56秒44
800m   下森美咲(北九州市立2福岡)2分07秒36=大会新
1500m   スーサン・カモソ(大分東明3大分)4分18秒84
3000m   スーサン・カモソ(大分東明3大分)9分06秒60
100mH   津田みずき(中村学園女3福岡)14秒35(-1.3)
400mH   渡邊 陽(長崎南3長崎)61秒38
5000mW  山中日花里(宗像1福岡)24分28秒87
4×100mR  大分雄城台 46秒38
4×400mR  中村学園女 3分45秒95
走高跳   山田芽依(中村学園女3福岡)1m67
棒高跳   下 楓花(戸畑3福岡)3m20
走幅跳   緒方彩乃(長崎日大3長崎)5m63(+2.2)
三段跳   緒方彩乃(長崎日大3長崎)11m97(+1.9)
砲丸投   濵田桃子(福岡大若葉2福岡)12m62
円盤投   草野美夕(長崎南2長崎)40m72
ハンマー投 松隈晴美(近大福岡3福岡)47m27
やり投   中田真瑚(佐賀商3佐賀)45m98
七種競技  尾形実穂(福岡大若葉3福岡)4332点

文/田端慶子

◇インターハイ北九州大会(6月16日~19日/佐賀市) 夏の徳島インターハイをかけた北九州大会、最高気温が32度を超えた大会3日目。男女の800mで大会新記録が誕生した。 女子は、U20日本選手権1500m優勝の下森美咲(北九州市立2福岡)と、福岡県大会で下森を抑えて優勝した江藤杏梨(北九州市立2福岡)の、チームメイトによる優勝争い。お互いの存在を糧にレベルアップしてきた2人は、「一緒に走ることでいいタイムが出る」と、牽制することなく1周を63秒で通過。県大会はラスト20m付近で江藤が前に出たが、今回は下森が一度も先頭を譲ることなく、2分07秒36の自己ベストV。江藤も2分07秒88の自己ベストで続いた。 これまでの大会記録は1992年に池田真理子(福岡南女)が出した2分08秒46で、女子では最も古い記録。それを30年ぶりに塗り替えた下森は「2人で狙おうと話していたので、うれしいです」と笑顔。江藤も「(2分07秒台の自己新は)信じられないけど、やっぱり優勝できなくて悔しいです」と複雑な心境を垣間見せた。今年の女子800mは全国的にレベルが高いが、クラスメイトで双子のように仲のいい2人は「2分06秒台を狙って、一緒に入賞したいです」と溌剌と意気込んでいる。 直後に行われた男子も、見応えのあるレースになった。日本選手権の予選で1分47秒69をマーク、決勝に進出して6位入賞を果たした後田築(創成館3長崎)と、福井インターハイ5位の青木龍翔(大牟田3福岡)が激突。1500mで青木に敗れ、3位に終わっていた後田は「1500mの反省を活かし、抜かせないレースをしよう」と、ラストで前に出る得意のレースパターンを崩し、レースを牽引した。 1周を54秒のハイペースで通過すると、集団は縦長に。後田の後ろには、長崎県大会2位通過の井口愁斗(瓊浦2長崎)と青木が付いたが、後田がラスト300mからスピードを上げ、追随を許さなかった。後田の1分49秒16、青木の1分49秒42、井口の1分50分99までが大会新で27年ぶりの更新となった。後田は「日本選手権でシニアと戦い、高校とのレース展開の違いを実感しました。自分が引っ張るレースで1分40秒台が出せたことは自信になります」と、安堵の表情を見せた。 このほかにも、男子400mHで渕上翔太(東福岡2)が51秒20の大会新。世界ユース選手権2位の藤井琉成(小倉工)が2015年に出した記録を更新し、「次のレース(福岡県学年別選手権で)で50秒台を出したい」と自信を深めていた。 女子総合はフィールド2種目を含む3種目で優勝した福岡大若葉、男子総合はリレー2種目を含むトラック6種目で優勝者を出した東福岡が制した。 地区大会は全11地区で開催。各種目上位6名(競歩、女子棒高跳、三段跳、ハンマー投は上位4位、混成は3位+各地区4~6位の記録上位5名)が全国大会に出場。インターハイは8月3日から7日まで徳島県で開催される。 ◇北九州大会の優勝者一覧 男子 100m   深山創希(口加3長崎)10秒81(-1.9) 200m   黒木海翔(東福岡2福岡)21秒48(-0.4) 400m    冨永湧平(東福岡3福岡)47秒87 800m   後田 築(創成館3長崎)1分49秒16=大会新 1500m  谷本昂士郎(大牟田2福岡)3分57秒22 5000m  ダニエル・ディリツ(大分東明3大分)13分47秒64 110mH  藤本竜飛(東福岡3福岡)14秒92(-2.5) 400mH  渕上翔太(東福岡2福岡)51秒20=大会新 3000mSC 高木 凌(鎮西学院3長崎)9分17秒34 5000mW  浜田理温(純真3福岡)21分17秒40 4×100mR 東福岡(福岡)40秒97 4×400mR 東福岡(福岡)3分11秒56 走高跳  岩尾 蓮(杵築3大分)2m00 棒高跳  子籠亮太(戸畑3福岡)4m70 走幅跳  仙川晃聖(杵築2大分)7m25(+2.6) 三段跳  山口源太朗(武雄3佐賀)14m77(+1.5) 砲丸投   小林啓祐(中間3福岡)14m55 円盤投   安永壮汰(飯塚3福岡)44m31 ハンマー投 城代三四郎(筑紫3福岡)55m69 やり投   薬師寺新(大分雄城台3大分)61m05 八種競技  山下 晃(青豊3福岡)5053点 女子 100m   柴藤 凛(福岡大若葉2福岡)12秒06(-1.9) 200m   井手口陽菜里(筑紫女学園2福岡)24秒42(-1.5) 400m    林 心春(福岡大若葉2福岡)56秒44 800m   下森美咲(北九州市立2福岡)2分07秒36=大会新 1500m   スーサン・カモソ(大分東明3大分)4分18秒84 3000m   スーサン・カモソ(大分東明3大分)9分06秒60 100mH   津田みずき(中村学園女3福岡)14秒35(-1.3) 400mH   渡邊 陽(長崎南3長崎)61秒38 5000mW  山中日花里(宗像1福岡)24分28秒87 4×100mR  大分雄城台 46秒38 4×400mR  中村学園女 3分45秒95 走高跳   山田芽依(中村学園女3福岡)1m67 棒高跳   下 楓花(戸畑3福岡)3m20 走幅跳   緒方彩乃(長崎日大3長崎)5m63(+2.2) 三段跳   緒方彩乃(長崎日大3長崎)11m97(+1.9) 砲丸投   濵田桃子(福岡大若葉2福岡)12m62 円盤投   草野美夕(長崎南2長崎)40m72 ハンマー投 松隈晴美(近大福岡3福岡)47m27 やり投   中田真瑚(佐賀商3佐賀)45m98 七種競技  尾形実穂(福岡大若葉3福岡)4332点 文/田端慶子

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.20

女王・北口榛花が渡欧前に弾みの逆転V!「余力が残っている状態で勝てた」パリに向かって“チーム一丸”/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、女子やり投は北口榛花(JAL)が63m45のシーズンベストを投げて優勝 […]

NEWS 遠藤日向が復活!今季初戦で13分20秒28 初五輪へ「最低限良かった」/セイコーGGP

2024.05.20

遠藤日向が復活!今季初戦で13分20秒28 初五輪へ「最低限良かった」/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子5000mはイマニエル・マル(トヨタ紡織)が13分18秒94で優勝 […]

NEWS 400mH豊田兼が日本歴代5位の48秒36 波乱の100mは栁田V サニブラウン、坂井はアクシデント/セイコーGGP

2024.05.20

400mH豊田兼が日本歴代5位の48秒36 波乱の100mは栁田V サニブラウン、坂井はアクシデント/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われた。 広告の下にコンテンツが続きます 男子400mハードルで好記録が誕生 […]

NEWS 400mH山本竜大が49秒96でV 200mは山路康太郎が20秒63で快勝/東日本実業団

2024.05.20

400mH山本竜大が49秒96でV 200mは山路康太郎が20秒63で快勝/東日本実業団

◇第66回東日本実業団選手権(5月18日~19日/埼玉・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場) 5月20日、東日本実業団選手権の最終日が行われ、男子400mハードルは山本竜大(SEKI A.C.)が49秒96で優勝を飾った。 […]

NEWS 【高平慎士の視点】日本スプリントを背負い始めた栁田大輝の覚悟 サニブラウン、坂井隆一郎は存在感と課題

2024.05.20

【高平慎士の視点】日本スプリントを背負い始めた栁田大輝の覚悟 サニブラウン、坂井隆一郎は存在感と課題

国立競技場で開催されたセイコーゴールデングランプリ(5月19日)の男子100mは、昨年のブダペスト世界陸上代表のサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)、坂井隆一郎(大阪ガス)、栁田大輝(東洋大)がそろい踏みしたなか、栁 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top