月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

ウォルシュ・ジュリアンが400m45秒27で総合3位 走高跳・真野友博が2m23で3位タイ/WAコンチネンタルツアー


世界陸連コンチネンタルツアー(ブロンズラベル)の競技会「Meeting Madrid」が6月18日、スペインのマドリードで行われ、男子400mでウォルシュ・ジュリアン(富士通)がシーズンベストの45秒27で総合3位に入った。

レースは2組に分かれて行われ、ウォルシュは2組目のトップでフィニッシュした。自己ベストは2019年のドーハ世界選手権準決勝でマークした45秒13(日本歴代4位)。同選手権の予選で45秒14を出しており、今回は自己3番目の記録となる。

レース前のシーズンベストは5月14日の東日本実業団予選でマークした46秒29。6月9日の日本選手権予選は47秒13で5着に終わったが、渡欧して調子を上げてきた。

日本勢ではこの他、男子走幅跳で真野友博(九電工)が2m23で3位タイ。男子棒高跳では山本聖途(トヨタ自動車)が5m40で8位だった。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com