月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

棒高跳の江島雅紀が日大競技会でマットの外に落下して足首骨折


男子棒高跳の江島雅紀(富士通)が6月18日、母校・日大で行われた日大競技会で足首を骨折したことを自身のSNSを通じて明らかにした。

6月11日の日本選手権を3年ぶりに制した江島は、オレゴン世界選手権の参加標準記録(5m80)突破を目指して出場。しかし、5m45の1回目の跳躍で、マットの外にあるコンクリートに落下して負傷したという。診断は「舟状骨の骨折」で、今後も詳しく検査するとしている。

19年ドーハ世界選手権、昨年の東京五輪と国際大会に2大会連続で出場していた江島。SNS上で「今は言葉が見つかりません」と心情を吐露しつつ、「世界の舞台で勝負していくには、今よりも硬いポール、空中動作の磨きなど高いレベルに挑戦していく必要があります。臆することなく果敢に挑戦していかなければ」と前を向いた。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com