月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

走高跳・真野友博が2m30で2年ぶりV 世界陸上へ前進し「チャレンジしたい」/日本選手権

◇第106回日本選手権(6月9日~12日/大阪・ヤンマースタジアム長居)1日目

オレゴン世界選手権代表選考会を兼ねた日本選手権の初日(6月9日)に行われた男子走高跳は、真野友博(九電工)が2m30で2年ぶりの優勝を飾った。

「横風が強くて難しいコンディションだった」というが、2m15から20、25と1回で成功した真野。「しっかりと調整できた」。この時点で優勝を決めると、2m30も一発でクリアしてガッツポーズを見せた。

続く高さはオレゴン世界選手権の参加標準記録である2m33。この高さは跳べなかったが、2回目は「助走のスタートから踏み切りまでいい流れだった」と振り返った。

標準記録に届かず代表即内定とはいかなったが、ワールドランキングでの出場にも大きく近づいたため、「世界選手権に向けて準備をしたい」と真野。出場となれば初の世界大会で、「中学、高校時代はここまで成長できるとは思っていませんでした」と語る。

初の世界大会に向けて、「助走を安定させたい。物怖じせずチャレンジしたいです」と見据えていた。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com