月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

順大・伊豫田達弥「結果は100点」1部1万m制す 2部は青学大の岸本大紀が日本人トップ/関東IC

◇第101回関東インカレ(5月19日〜22日/東京・国立競技場)1日目

関東インカレの初日。学生長距離界を引っ張るランナーたちが母校の誇りを背負って男子10000mに出場した。

入りの400mが72秒とスローペースで始まった男子1部は、ラスト1周でレースが大きく動く。鐘が鳴ってスパートを仕掛けたのは、順大の伊豫田達弥(4年)。児玉悠輔(東洋大4年)も反応するが、伊豫田は帽子を投げ捨てると、もう一段ペースアップし、後続を一気に突き放した。

「4月からは三浦(龍司、3年)と一緒にスピード練習をやっていて、三浦には敵わないなりにしっかりつかせてもらっています」と、磨いてきたスパート力を発揮し優勝を勝ち取った。記録は28分42秒85にとどまり、「記録を出せなかったのは50点」と厳しい採点だったが、「大学で勝ち切るレースができていなかったので、結果の方は100点」と優勝という結果は素直に喜んだ。

レースは、3000mまでは小澤大輝(明大4年)が引っ張り、そこからはピーター・カマウ(国士大)が集団を抜け出し一人旅を展開した。その中で伊豫田は、常に集団の2番手付近をキープし、勝負どころが来るまで力を温存していた。そして、「ずっと力を溜めて、最後爆発させることができたので良かったです」と、ラスト1周で一気に力を放出した。

昨年の関東インカレ100回大会の学校対抗では圧勝で総合優勝を飾った順大だったが、連覇が懸かった今回、初日は思うように得点を稼げずにいた。110mハードルは村竹ラシッド(3年)が欠場し、400mは出場した3人全員が予選敗退。100mはからくも1人が準決勝に駒を進めたものの、総合連覇には早くも黄信号が点っていた。そんな状況で、初日のトラック最終決勝種目の10000mで伊豫田が奮闘を見せた。

「スローペースになった時に、前にでなかったのも対校戦を意識したところがあったから。まだまだ厳しいですけど、長距離がしっかり走ることができたら、2日目以降、総合優勝に近づけるかなと思った」

カマウが飛び出した際に付いていかなかったのも、集団を引っ張ることがなかったのも、チーム事情を考慮してのことだった。しかしながら、結果的にはそれが功を奏したと言える。

「今季、チームは箱根駅伝総合優勝を目標に掲げています。結果を出すことでチームを引っ張るのが僕の役割だと思うので、まず結果を出せたことで、箱根優勝に1ミリでも近付いたかなと思います」

箱根駅伝では総合2位に入った順大。東京五輪男子3000m障害7位入賞の三浦の話題が先行するが、最上級生として伊豫田もまた存在感を示した。

2位には、今回日本人で唯一27分台を持つ井川龍人(早大4年)が入った。昨年長距離種目で入賞者ゼロだった東洋大は、3位に児玉悠輔 (4年)、6位に松山和希(3年)、7位に佐藤真優(3年)とトリプル入賞。明大も、4位に児玉真輝 (3年)、5位に富田峻平 (4年)とダブル入賞だった。

1部に先立って行われた男子2部10000mも混戦になった。

レースは、ノア・キプリモ(日本薬大4年)と平林清澄(國學院大2年)が代わる代わる先頭を引っ張りながら、岸本大紀(青山学院大4年)、篠原倖太朗(駒澤大2年)、カマウ・パトリック(上武大1年)を従えて終盤を迎えた。9000mでまず篠原が後退すると、ラスト1周はキプリモ、岸本、カマウの3人の争いに。最後は、キモリモが岸本との接戦を制し、28分28秒58でタイトルを手にした。

日本人トップの2位には岸本が入った。2年、3年とケガに苦しだ岸本にとって、今回は1年時(5000mに出場)以来の関東インカレとなった。

「最終盤でしっかり勝負しようと思っていた。自分自身、陸上人生のなかで、トラックレースであんまりいい結果を出せていないので、今回しっかり上位でゴールして結果を残そうと思って走った」

これまではロードで強さを見せてきたが、トラックでもしっかりと結果を残してみせた。3位にカマウと続き、4位には後方集団から浮上した大川歩夢 (東京経済大4年)が入った。5位以降は、中西大翔(國學院大4年)、平林、丹所健(東京国際大)、篠原と続いた。

■1部男子10000m上位成績
伊豫田達弥 (順大) 28.42.85
井川龍人 (早大)  28.44.82
児玉悠輔 (東洋大) 28.45.74
児玉真輝 (明大)  28.47.06
富田峻平 (明大)  28.47.71
松山和希 (東洋大) 28.47.86
佐藤真優 (東洋大) 28.49.54
阿部陽樹 (中大)  28.50.23

■2部男子10000m上位成績
ノア・キプリモ(日本薬科大) 28.28.58
岸本大紀(青学大)      28.28.94
カマウ・パトリック(上武大) 28.31.41
大川歩夢(東経大)      28.35.51
中西大翔(國學院大)     28.35.87
平林清澄(國學院大)     28.36.32
丹所 健(東京国際大)    28.36.72
篠原倖太朗(駒大)      28.41.13
小野隆一朗(帝京大)     29.05.01
新田  颯(育英大)     29.10.17

文/和田悟志

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com