月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

走幅跳・高良彩花 セカンドベストの6m38!涙の4連覇達成「これが最後なんだな」 /関東IC


◇第101回関東インカレ(5月19日〜22日/東京・国立競技場)1日目

関東インカレの初日、女子走幅跳が行われ、高良彩花(筑波大)が6m38(+0.2)で優勝した。この記録は自己ベスト6m44に次ぐセカンドベストで、大学ベストでもある。

今回の優勝で4連覇を達成した高良。この種目での4連覇は85~88年の磯貝美奈子(群馬大)以来、史上2人目の快挙となった。試合後には普段のクールな表情とは打って変わって目頭を熱くした。「これが最後なんだな、セカンド、大学ベストを出せたと思ったら涙が出てきました」と最後の関東インカレ走幅跳を涙の優勝で終えた。

ただ1人すべての跳躍で6m台をマークした高良。3本目はファウルだったが、「いい踏み切りができた」と手応えをつかんだ。5本目からは6m30台を3本そろえるハイアベレージで、「やっと練習の成果が出せました」と笑顔を見せる。

6本目は「会場の一体感がほしかったのと、もしかしたら跳べるかも」という期待を込めて客席に手拍子を求めた。その6本目で優勝記録の6m38。仲間の手拍子が記録を伸ばす手助けとなった。

だが、記録は「自己ベストを狙っていたので」と納得はいかない様子。6本目も「(6m38を)跳べた感覚はなかった」と語った。「スプリントの力がついている」のは確実だが、「思ったより助走に生かし切れていない」という。「助走で考え過ぎてしまう」のも課題であったが、木南記念からセイコーゴールデングランプリ、今大会を経て「考えなくても自然とできるようになった」。

続く日本選手権では秦澄美鈴(シバタ工業)との対決が待っている。「秦さんに追いつきたい」と語り、「パリ五輪や25年の世界選手権にも出場したい」とまだまだ上を見据えている。

3日目の三段跳にも出場予定で、走幅跳との2冠が懸かる。「三段跳の練習はあまりできていないです」と言うが、「勢い」を大事に「筑波大勢3人入賞と自己ベストが出せたら」と意気込みも語った。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com