月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

東京五輪100m金のジェイコブスが100m復帰戦に10秒04で優勝 予選で9秒99w/WAコンチネンタルツアー


写真/Mochizuki Jiro(Agence SHOT)

5月18日にイタリア・サヴォーナで開催された世界陸連コンチネンタルツアー・チャレンジで、東京五輪金メダリストのL.M.ジェイコブス(イタリア)が男子100mを10秒04(+0.4)で制した。予選では追い風参考ながら9秒99(+2.3)をマークした。

ジェイコブスは冬季の室内シーズンで60mに出場しているが、100mに出場するのは東京五輪以来。5月7日に出場予定だったキプ・ケイノ・クラシック100mは体調不良で棄権しており、コンディション面も心配されたものの、金メダリストの貫禄を見せつけた。2位には10秒10でA.シセ(コートジボワール)が入り、G.ヴィコー(フランス)が10秒12で3位に続いた。

女子200mは東京五輪400m銀メダリストのM.パウリーノ(ドミニカ共和国)が22秒59(+2.0)で優勝。先日のダイヤモンドリーグ・ドーハ大会400mに続いて勝利を収めた。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com