月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

順大・伊豫田達弥が1万m制す!「箱根Vに近づいた」井川が2位、東洋大は3人入賞/関東IC

◇第101回関東インカレ(5月19日〜22日/東京・国立競技場)1日目

関東インカレの初日、男子1部10000m決勝が行われ、順大の伊豫田達弥が28分42秒85で優勝した。箱根駅伝以降は「あまり調子が良くなかった」という伊豫田。だが、「ラストでしっかり勝つんだという気持ちで走った」というようにキレ味するどいスパートで制した。「4月から三浦(龍司)と一緒にスピード練習をやってきた成果かな」と笑顔を見せた。

今季のチームの目標は「箱根駅伝総合優勝」。その中で、「結果を残す」というのが役割だといい、「まずは一つ結果を残したことで箱根駅伝優勝に一歩近づけたと思います」と語った。

2位には井川龍人(早大)が28分44秒82で続いた。「チーム状況としてはケガ人も多い」(井川)中で、早大のエースとして強さを見せたと言える。3位に児玉悠輔(東洋大)。東洋大は6位・松山和希、7位・佐藤真優と3人が入賞し、「3人入賞できて喜びがありました」(児玉)と充実感を浮かべた。

■関東インカレ男子10000m上位成績
伊豫田達弥 (順大)28.42.85
井川龍人 (早大)28.44.82
児玉悠輔 (東洋大)28.45.74
児玉真輝 (明大)28.47.06
富田峻平 (明大)28.47.71
松山和希 (東洋大)28.47.86
佐藤真優 (東洋大)28.49.54
阿部陽樹 (中大)28.50.23

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com