月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

日本選手権1万mの選手とTV中継カメラケーブル接触事故 陸連とNHKが経緯説明と謝罪

5月7日に東京・国立競技場で行われた日本選手権10000mの男子2組で、競技中の選手とテレビ中継を担当したNHKのカメラクルーによる接触事故が起こったことについて、翌日(8日)のセイコーゴールデングランプリ開催の前に、国立競技場で日本陸連とNHKが経緯を説明し、謝罪した。

事故はタイムレースで行われた男子10000mの2組目に発生。トラック内側(フィールド側)にいたNHKカメラクルー2名が、上位でフィニッシュした選手たちを撮影するためにフィールドの外に出ようとトラックへ足を踏み入れた。その際に、中継カメラのケーブルが走行中だった三田真司(サンベルクス)の首の部分に接触。さらに、それを避けようとした他の4選手も減速や遠回りする影響を受けた。

三田もすぐにレースに復帰。全選手がフィニッシュしたが、三田は7日夜に首の痛みのため都内の病院へ。MRIやレントゲンでの異常は見当たらなかったというが、首には赤い痕がついており、痛みが残っているという。8日は安静にしつつ9日以降に再度検査を受ける見込み。事象が起きたあと日本陸連はすぐにサンベルクスの関係者へ連絡を取りNHKとともに謝罪した。

取材に対応した日本陸連の石井朗生事務局次長は「あってはならないこと」とし、改めて関係者へ謝罪の言葉を述べた。テレビ中継スタッフに限らず、フォトグラファーも含めて報道員がトラックを横切る際は、競技のさまたげにならないように配慮を求めているが、慣例化していることもあり「主催者として、安全確保を求めるように(内容を)詰められていたかという反省はある」としている。その上で「二度と同じことが起きないよう、原因と経緯の確認、再発防止に務めていく」と話した。

なお、レース結果について、予選などであれば審判長の判断で救済措置が取られることもあるが、決勝であったことや「こうした例に対応するルールがない」(石井事務局次長)ため、影響のあった全員の記録・順位については「確定している」(同)と変更はない。

また、NHK報道局スポーツセンターの辻村和人スポーツセンター長も取材に応じ、経緯を説明して謝罪。カメラクルー2名については「外注会社のスタッフ」で「これまでもスポーツ中継、陸上中継を担当している」。事故の経緯や細かな状況は「調査中」だと説明。その中で、「競技のさまたげになってはいけないのは製作の基本」とし、三田やサンベルクスを含め関係各所へ「できるだけ早く直接お詫びをしたい」と話した。

※一部追記

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com