月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

女子100m・200m日本記録保持者・福島千里さん引退セレモニー「日本記録の更新を心待ち」


5月8日に開催されたセイコーゴールデングランプリ終了後の東京・国立競技場で、女子100mと200mの日本記録保持者で、今年1月に引退を発表した福島千里さんの引退セレモニーが行われた。

客席に笑顔で手を振り、走りながら入場した福島さん。「苦しい時に応援して背中を押してくださり、長い間本当にありがとうございました」と集まった観客に感謝の言葉を述べた。

セイコーゴールデングランプリ終了後のセレモニーだったため、同大会での思い出を聞かれると、「2012年にリレーで日本記録を出せたことがすごく思い出に残っています」と振り返った。

セレモニーにはチームセイコーの山縣亮太、デーデー・ブルーノ、競泳の坂井聖人選手、トランポリンの棟朝銀河選手、歌手の平原綾香さんらが駆けつけ、「福島さんからはたくさん学ばせていただきました」と山縣がコメント。その後は子どもたちと一緒に国立競技場を走り、スタジアムを1周した。

「今後はお世話になった陸上に恩返しするつもりでさまざまなことに挑戦していきたいです」と福島さん。これからの女子短距離界へも「私が持つ日本記録が更新されることを心待ちにしています」とエールを送った。

福島さんは100mと200mの日本記録(11秒21、22秒88)を持ち、日本の女子短距離界を長きにわたって牽引。五輪には2008年の北京大会から12年のロンドン、16年のリオと3大会連続で出場をしている。世界選手権も09年のベルリンから4大会連続出場。アジア大会優勝など数々の世界大会を経験した。

引退後はセイコースマイルアンバサダーに就任しながら、順大短距離ブロックのアシスタントコーチを務めるなど、陸上教室を含めてイベントを通して後進の指導に当たっている。

タグ:

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com