月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

男子十種競技のスキャントリングが世界歴代7位の8867点 21歳のガーランドは8720点の全米学生新/全米混成競技選手権


写真/Mochizuki Jiro(Agence SHOT)

5月6日から7日にかけ、米国・アーカンソー州のフェイエットビルで全米混成競技選手権が行われ、男子十種競技では東京五輪4位のG.スキャントリング(米国)が世界歴代7位、今季世界最高の8867点で優勝した。

スキャントリングは2種目めの走幅跳で7m68(+2.0)と自己記録を更新。初日で4503点を獲得すると、2日目の110mハードル、円盤投でも自己新を連発し、昨年の全米五輪選考会で出したベスト記録(8647点)を220点も塗り替えた。また、ジョージア大3年生の21歳、K.ガーランド(米国)が8720点の全米学生新記録で2位に入り、東京五輪6位のZ.ジーメク(米国)は8573点で3位だった。

女子七種競技では21歳のA.ホール(米国)が今季世界最高の6458点で快勝。最終種目の800mでは2分03秒11をマークした。

また、5月7日から8日には、ドイツ・ラーティンゲンでWA(世界陸連)混成ツアー・ゴールドの競技会が開催され、男子十種競技でS.エハマー(スイス)がスイス記録の8354点で優勝。走幅跳では十種競技における世界最高記録の8m30(+1.5)をマークした。これまでの再校記録は東京五輪金メダリスト・D.ワーナー(カナダ)が昨年マークした8m28。

エハマーは今年3月の世界室内選手権七種競技で銀メダルを獲得している22歳。今年1月には室内七種競技の走幅跳でも種目別の室内世界最高記録の8m26を跳んでいる。女子七種競技ではS.ヴァイセンベルク(ドイツ)が6273点で優勝した。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com