月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

ケジェルチャが5kmで世界歴代3位の12分53秒! 10kmではカンディエが26分50秒、サウェが26分54秒 ドイツのロードレースで好記録続出


写真/Mochizuki Jiro(Agence SHOT)
4月30日、ドイツのヘルツォーゲンアウラッハでアディゼロ・ロード・トゥ・レコーズが開催され、男子5kmでは19年ドーハ世界選手権10000m銀メダルのM.ケジェルチャ(エチオピア)が世界歴代3位の12分53秒で優勝した。2位にはN.キメリ(ケニア)がケニア記録の12分55秒で続いた。同一レース内で複数の選手が13分を切ったのは史上初めて。7位のY.クリッパ(イタリア)は13分14秒で欧州記録を更新した。

男子10kmはK.カンディエ(ケニア)が世界歴代4位の26分50秒で勝利。2位のS.サウェ(ケニア)は26分54秒、3位のR.クウィゼラ(ブルンジ)も26分56秒とそれぞれ世界歴代5位、6位タイの好タイムだった。5位までが27分を切るハイレベルで、この種目の世界記録保持者・R.キプルト(ケニア)は26分58秒で4位だった。また、ハーフマラソンはM.キメリ(ケニア)が59分30秒で制した。

女子では5kmで15年北京世界選手権5000m銀のS.テフェリ(エチオピア)が14分37秒で2位以下に16秒差をつける圧勝。2位に17歳のM.エイサ(エチオピア)が入り、U18、U20の世界歴代最高記録の14分53秒をマークした。10kmではF.ベライン(エチオピア)が30分24秒で勝利。ハーフマラソンはT.アセファ(エチオピア)が1時間7分28秒で優勝を飾っている。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com