HOME 高校・中学

2022.04.28

【高校生FOCUS】女子三段跳・田中美憂(松山女)「13mを跳べるイメージはもうできています」
【高校生FOCUS】女子三段跳・田中美憂(松山女)「13mを跳べるイメージはもうできています」

FOCUS! 高校生INTERVIEW
田中美憂 Tanaka Miyuu
松山女3埼玉

 活躍中の注目高校アスリートをフォーカスして紹介! 今回は昨年10月のU18大会女子三段跳で高校歴代8位、高2歴代2位の12m79をマークして優勝した田中美憂選手(松山女3埼玉)にインタビューしました。今シーズンはあと17cmと迫る高校記録の更新はもちろん、その先の大台到達を見据えている様子。そんな注目ジャンパーは、意外な方法で跳躍練習をしているそうです。

広告の下にコンテンツが続きます

冬に本格的なウエイトトレーニング

――冬季練習は順調にこなせましたか。
田中 1年生の時の冬季練習は部活動の制限が多くてそれほど練習できなかったのですが、この冬にやっと、本格的にウエイトトレーニングができました。ウエイトをメインにやってきて、3月の日本室内大阪大会(以下大阪室内)では優勝(12m47の大会新)してその成果が見られたので良かったです。周りからは「太くなったな」と言われます。いい意味で(笑)。

――長所を伸ばす取り組みは何か実施しましたか。
田中 身長(175cm)でほかの選手に比べて恵まれていると思うので、それを最大限使えるように、多くの先生からご指導いただきました。身体の使い方がうまい方じゃないので、上半身との連動がまだまだできていなくて、下半身だけじゃダメなんだなと改めて気づくことができました。埼玉には詳しい先生が多くて、顧問の清水嘉彦先生のつながりでいろんな先生に教わることができました。藤田弥生先生もその一人で、昨年の8月まで県高校記録(12m57)を持っていました。ただ、学校に跳躍ができる砂場がないんです。平日は、朝練習でマットに飛び込む感じで軽く跳ぶ程度。休日に近くの競技場で跳んでいます。

――昨年は秋にグンと伸びました。
田中 自分でもびっくりしています。インターハイでなんとか8位になった後、U18大会では絶対に1位を取る!という気持ちで練習をがんばりました。何が要因か、自分でも詳しくはわかりませんが、埼玉県新人で40cmくらい自己ベストが伸びて驚きです。

――その後のU18大会で12m79。高校記録(12m96)更新は射程圏ですか。
田中 もちろん高校記録を更新したいのですが、「13」という数字にこだわっていきたいです。本当は、U18大会の4本目に高校新を跳びたかったです。でも、どこか力んでしまって、まだまだだなとその時は思いました(※U18大会は4回試技で、田中選手は3本目に12m79/+1.9をマーク、4回目は12m69/+2.9)。

広告の下にコンテンツが続きます

記録は織田記念か埼玉県大会で

――大阪室内で課題はありましたか。
田中 助走は走れていたのですが、室内の路面の感覚が合わなくて、反発に負けてしまった面がありました。その状況でもそれくらいは跳べるんだと思いました。4月10日の記録会は「中助走で12m」を目標に出場して12m05でした。ステップを一つひとつ踏んでいます。

――手応えがありそうですね。
田中 冬季を経て、大阪室内に出て、13mを跳べるイメージはもうできています。あとは狙いの大会にピークを合わせて、跳びたいですね。狙いたいのは、織田記念とインターハイ埼玉県大会です。

――あこがれの選手はいますか。
田中 森本麻里子(内田建設AC)さんと剱持早紀さんです。剱持さんは三段跳を始めたころからのあこがれで、力みのない流れるような跳躍がすごい。森本さんは大阪室内で初めて近くで跳躍を見て、パワーに圧倒されました。

――今季の目標を教えてください。
田中 徳島インターハイで13mを跳んで、清水先生に金メダルをかけることです!

広告の下にコンテンツが続きます

――走幅跳も楽しみですね。
田中 ひそかにメダルを狙っています。まずは6mを目指していきたい。でも、あまり練習していなので、今は勢いだけで跳んでいます(笑)。

◎たなか・みゆう/2004年4月21日生まれ。埼玉・坂戸中→松山女高。中学時代は短距離がメインだったが、高校入学後に顧問の清水嘉彦先生から勧められたことをきっかけに三段跳を始める。高1のベストは11m80。高2の昨シーズンはインターハイ埼玉県大会を優勝すると、北関東大会は2位。福井インターハイでは8位に入り、1、2年生ではただ1人入賞を果たした。夏までの自己記録は12m18だったが、秋に入って記録を伸ばし、9月下旬の埼玉県新人で12m61をマーク。U18大会でさらに18cm更新した。自己ベストは三段跳12m79(2021年)、走幅跳5m82(2021年)

構成/奥村 崇

FOCUS! 高校生INTERVIEW 田中美憂 Tanaka Miyuu 松山女3埼玉  活躍中の注目高校アスリートをフォーカスして紹介! 今回は昨年10月のU18大会女子三段跳で高校歴代8位、高2歴代2位の12m79をマークして優勝した田中美憂選手(松山女3埼玉)にインタビューしました。今シーズンはあと17cmと迫る高校記録の更新はもちろん、その先の大台到達を見据えている様子。そんな注目ジャンパーは、意外な方法で跳躍練習をしているそうです。

冬に本格的なウエイトトレーニング

――冬季練習は順調にこなせましたか。 田中 1年生の時の冬季練習は部活動の制限が多くてそれほど練習できなかったのですが、この冬にやっと、本格的にウエイトトレーニングができました。ウエイトをメインにやってきて、3月の日本室内大阪大会(以下大阪室内)では優勝(12m47の大会新)してその成果が見られたので良かったです。周りからは「太くなったな」と言われます。いい意味で(笑)。 ――長所を伸ばす取り組みは何か実施しましたか。 田中 身長(175cm)でほかの選手に比べて恵まれていると思うので、それを最大限使えるように、多くの先生からご指導いただきました。身体の使い方がうまい方じゃないので、上半身との連動がまだまだできていなくて、下半身だけじゃダメなんだなと改めて気づくことができました。埼玉には詳しい先生が多くて、顧問の清水嘉彦先生のつながりでいろんな先生に教わることができました。藤田弥生先生もその一人で、昨年の8月まで県高校記録(12m57)を持っていました。ただ、学校に跳躍ができる砂場がないんです。平日は、朝練習でマットに飛び込む感じで軽く跳ぶ程度。休日に近くの競技場で跳んでいます。 ――昨年は秋にグンと伸びました。 田中 自分でもびっくりしています。インターハイでなんとか8位になった後、U18大会では絶対に1位を取る!という気持ちで練習をがんばりました。何が要因か、自分でも詳しくはわかりませんが、埼玉県新人で40cmくらい自己ベストが伸びて驚きです。 ――その後のU18大会で12m79。高校記録(12m96)更新は射程圏ですか。 田中 もちろん高校記録を更新したいのですが、「13」という数字にこだわっていきたいです。本当は、U18大会の4本目に高校新を跳びたかったです。でも、どこか力んでしまって、まだまだだなとその時は思いました(※U18大会は4回試技で、田中選手は3本目に12m79/+1.9をマーク、4回目は12m69/+2.9)。

記録は織田記念か埼玉県大会で

――大阪室内で課題はありましたか。 田中 助走は走れていたのですが、室内の路面の感覚が合わなくて、反発に負けてしまった面がありました。その状況でもそれくらいは跳べるんだと思いました。4月10日の記録会は「中助走で12m」を目標に出場して12m05でした。ステップを一つひとつ踏んでいます。 ――手応えがありそうですね。 田中 冬季を経て、大阪室内に出て、13mを跳べるイメージはもうできています。あとは狙いの大会にピークを合わせて、跳びたいですね。狙いたいのは、織田記念とインターハイ埼玉県大会です。 ――あこがれの選手はいますか。 田中 森本麻里子(内田建設AC)さんと剱持早紀さんです。剱持さんは三段跳を始めたころからのあこがれで、力みのない流れるような跳躍がすごい。森本さんは大阪室内で初めて近くで跳躍を見て、パワーに圧倒されました。 ――今季の目標を教えてください。 田中 徳島インターハイで13mを跳んで、清水先生に金メダルをかけることです! ――走幅跳も楽しみですね。 田中 ひそかにメダルを狙っています。まずは6mを目指していきたい。でも、あまり練習していなので、今は勢いだけで跳んでいます(笑)。 ◎たなか・みゆう/2004年4月21日生まれ。埼玉・坂戸中→松山女高。中学時代は短距離がメインだったが、高校入学後に顧問の清水嘉彦先生から勧められたことをきっかけに三段跳を始める。高1のベストは11m80。高2の昨シーズンはインターハイ埼玉県大会を優勝すると、北関東大会は2位。福井インターハイでは8位に入り、1、2年生ではただ1人入賞を果たした。夏までの自己記録は12m18だったが、秋に入って記録を伸ばし、9月下旬の埼玉県新人で12m61をマーク。U18大会でさらに18cm更新した。自己ベストは三段跳12m79(2021年)、走幅跳5m82(2021年) 構成/奥村 崇

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.21

箱根駅伝“山の神” 今井正人が引退! 日本選手権クロカンでラストレース マラソンでも結果残す

トヨタ自動車九州は2月21日、所属する今井正人が2月25日の第107回日本選手権クロスカントリーを最後に現役を引退すると発表した。 今井は福島県小高町(現・南相馬市)出身の39歳。小学生の頃から野球少年だったが、小・中学 […]

NEWS 「ワクワク感を届けるデザインを」東京2025世界陸上のロゴデザイン選定委員会を開催!

2024.02.21

「ワクワク感を届けるデザインを」東京2025世界陸上のロゴデザイン選定委員会を開催!

東京2005世界陸上財団は2月21日、2025年9月に開催される東京世界選手権の大会ロゴデザイン選定委員会を開いた。 11月30日から1月15日までの応募期間で受け付けられた368作品から、要件確認を経て、予備選定会で絞 […]

NEWS 走幅跳の“実測”ルール変更検討に対しカール・ルイス「私たちとは違うジャンプ」23年世界女王「アスリートの意見尊重を」

2024.02.21

走幅跳の“実測”ルール変更検討に対しカール・ルイス「私たちとは違うジャンプ」23年世界女王「アスリートの意見尊重を」

世界陸連(WA)が走幅跳のルール変更について検討していることについて、さまざまな声が上がっている。 現行ルールは、踏み切り板20cmと10cmの粘土板が敷かれ、踏み切り板と粘土板の境目から計測される。粘土板に跡がついた場 […]

NEWS 【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~法大~細迫海気「総合5位以内は必ず達成できる」小泉「トップ5入りへ導きます」

2024.02.20

【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~法大~細迫海気「総合5位以内は必ず達成できる」小泉「トップ5入りへ導きます」

記念すべき第100回目の箱根駅伝に出場した23チームの、出走全230人にアンケートを実施。出走したすべての選手たちの声を刻みます! 【アンケート項目】 (1)大会を終えての感想、コースの攻略法など (2)今だから話せる裏 […]

NEWS 十種競技・右代啓祐がニュージーランド混成選手権に出場 「冬の成果を感じることができた」

2024.02.20

十種競技・右代啓祐がニュージーランド混成選手権に出場 「冬の成果を感じることができた」

2月17日から18日にニュージーランド・ダニーデンでニュージーランド混成選手権が行われ、十種競技日本記録保持者・右代啓祐(国士舘クラブ)がオープン参加で出場し、6078点をマークした。 ニュージーランドで合宿中の右代は練 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top