月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

出雲陸上で桐生が10秒18&10秒12w、300mで川端と久保山が好記録/トップ選手が各地で熱戦

4月後半を迎え、全国各地でトップアスリートのエンジンがかかってきた。

4月23~24日に行われた出雲陸上は、2日目に日本グランプリシリーズを兼ねた男女100mと300mを実施。男子100mは桐生祥秀(日本生命)が予選で追い風参考ながら10秒12(+2.1)をマークすると、決勝も10秒18(+1.5)で快勝して国内初戦を飾った。昨年の日本選手権王者・多田修平(日本生命)は10秒27で2位、本郷汰樹(名大)が自己新の10秒30で3位に続き、東京五輪4×100mリレー代表のデーデー・ブルーノ(セイコー)は10秒50で8位だった。

男女300mでも好記録が生まれ、タイムレース決勝で行われた男子300mは最終3組を日本歴代6位の32秒56で制した川端魁人(中京大クラブ)が制し、同組2着だった佐藤拳太郎(富士通)も歴代7位タイの32秒59で続いた。ともに昨年の東京五輪4×400mリレーに出場し、昨年の日本選手権でも川端が初優勝、佐藤が2位と日本ロングスプリントを牽引する存在。1週間後の木南記念では、アジア大会選考レースとなる400mで熱戦を繰り広げそうだ。

女子300mは久保山晴菜(今村病院)が日本歴代3位の37秒54で優勝し、松本奈菜子(東邦銀行)が37秒82で2位、昨年の日本選手権400m覇者・小林茉由(J.VIC)は37秒92で3位だった。

女子100mは大学3年の三浦愛華(園田学園女大)が11秒76(+0.2)で、東京五輪4×100mリレーのアンカー・鶴田玲美(南九州ファミリーマート)を0.01秒抑えて優勝。予選で全体トップの11秒73(+0.7)を出していた髙橋明日香(バリュエンス)が11秒80で3位に入った。

3年ぶり開催となった高橋尚子杯ぎふ清流ハーフマラソンは、男子は上位3人が大会初の59分台をマークする熱戦となり、アレクサンダー・ムティソ(NDソフト)が59分56秒で2度目の優勝。日本勢は37歳・中村高洋(京セラ鹿児島)の10位(1時間2分21秒)が最高で、1秒差で佐藤悠基(SGホールディングス)と作田直也(JR東日本)が11位、12位に続いた。

女子はオマレ・ ドルフィン・ニャボケ(ユー・エス・イー)が1時間8分13秒で初優勝。2月中旬の全日本実業団ハーフを1時間7分56秒で制した実力を発揮した。45歳のシニード・ダイヴァー(豪州)が1時間9分00秒で2位に入り、自己ベストを2分30秒以上更新する1時間9分50秒をマークした山口遥(AC・KITA)が3位に食い込んだ。日本勢2、3番手は1時間10分43秒で5位の岩出玲亜(千葉陸橋)、1時間12分19秒で7位の下門美春(埼玉医科大グループ)だった。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com