月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

男子は中村高洋が1時間2分21秒、女子は山口遥が1時間9分50秒で日本人トップ/ぎふ清流ハーフ

第11回高橋尚子杯ぎふ清流ハーフマラソンは4月24日、岐阜メモリアルセンター長良川競技場を発着点とするコースで行われ、男子はアレクサンダー・ムティソ(NDソフト)が大会初の1時間切りとなる59分56秒で2度目の優勝、女子はオマレ・ ドルフィン・ニャボケ(ユー・エス・イー)が1時間8分13秒で初優勝を飾った。

日本勢は男子が中村高洋(京セラ鹿児島)の10位(1時間2分21秒)が最高。佐藤悠基(SGホールディングス)、作田直也(JR東日本)が1秒差で11位、12位に続いた。

女子の日本人トップは3位の山口遥(AC KITA)で、自身初の1時間10分切りとなる1時間9分50秒をマーク。1時間10分43秒で5位に岩出玲亜(千葉陸橋)、1時間12分19秒で7位に下門美春(埼玉医科大グループ)が入った。

コロナ禍の影響で、今大会が3年ぶりの開催だった。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com