月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

杉田正明氏、詫間茂氏がミズノスポーツメントール賞受賞 陸上界の発展に尽力

2021年度ミズノスポーツメントール賞の授賞式が4月20日に都内で開かれ、陸上界からは日本陸連科学委員長の杉田正明氏(日体大)と、陸上競技コーチの詫間茂氏(香川県スポーツ協会)が受賞した。

杉田氏は30年にわたり日本陸連の科学委員会に所属し、12年からは委員長を務める。科学的側面から選手を支援し、ロード種目においては長年にわたって暑熱対策に力を入れてきた。その結果、リオ五輪以降、特に競歩のメダル・入賞に大きく貢献している。

詫間氏は長年にわたって陸上競技の指導に当たり、特に棒高跳において数々の名選手を育成。香川を「棒高跳」の強豪となる礎を築いた。国内だけではなく台湾からも選手や指導者を受け入れるなど情熱を傾けている。現在は地域コミュニティセンターで高齢者を対象とした「健康教室」の講師を務めるなど、県の体育・スポーツ界の発展に尽力している。

両名には受賞のトロフィーと副賞50万円が贈呈された。

「ミズノスポーツメントール賞」は(公財)ミズノスポーツ振興財団と(公財)日本スポーツ協会、(公財)日本オリンピック委員会と共催で、1990年度に制定。競技スポーツおよび地域スポーツにおいて選手の強化・育成ならびに地域スポーツの普及・振興に貢献した指導者を顕彰している。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com