月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

高校女子5kmはインターハイ2位の石田さつきが23分21秒でV、男子は鈴木葵が制す/輪島競歩


第106回日本選手権35km競歩・第61回全日本競歩輪島大会は4月17日、石川県輪島市の道の駅輪島ふらっと訪夢前往復コースで行われ、高校女子5kmは石田さつき(大津商3滋賀)が23分21秒でV。男子は鈴木葵(我孫子3千葉)が21分22秒で制した。

石田は前日のU20の10km(8位/48分58秒)にも出ており、2日連続のレース。それでも昨年の福井インターハイ5000m2位の実力を見せた。

5000mの自己ベストは、1年時の2020年に出した22分50秒47(当時高1最高/現・高1歴代2位)。今年2月の日本選手権20km競歩に出場して1時間46分28秒で歩いた。

鈴木も昨日のU20の10km(10位/44分18秒=自己新)に続く連戦。競歩は昨年から取り組み、5000mで22分50秒76の記録があるものの、今年に入って大きく躍進している。

■高校男子5km上位成績
鈴木  葵(我孫子3千葉) 21.22
吉田 広大(佐世保工2長崎) 21.40
津田翔太郎(高知工3高知) 21.42

■高校女子5km上位成績
石田さつき(大津商3滋賀) 23.21
淺野 愛菜(コザ3沖縄) 23.34
長島 奈南(成田3千葉) 24.16

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com