月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

不破聖衣来が5000mに出場 1月に右アキレス腱周り炎症から復帰途上 日本選手権へ照準/学生個人

◇日本学生個人選手権(4月15~17日/神奈川・平塚)3日目

ワールドユニバーシティゲームズの選考会を兼ねた日本学生個人選手権。大会最終日の女子5000mに、10000mでオレゴン世界選手権の参加標準記録を突破している不破聖衣来(拓大)が出場した。結果は17分30秒47で12着。レース後は拓大の五十嵐利治監督が取材に応じた。

五十嵐監督によると、1月に右アキレス腱の周囲を炎症していたという不破。「3ヵ月間走れなくて、1週間前に練習復帰して1000mを走った」という状態だった。出場については、不破自身から「すべては5月7日(の日本選手権)で勝負するためにやっているので」と出場を直訴。五十嵐監督は「一番の目的は痛みなく走りきること。3分30秒のイーブンペースで行くこと。目的は達成できました」と言う。

昨年は一気に飛躍し、12月にはオレゴン世界選手権の参加標準記録31分25秒00を大幅に上回る、日本歴代2位の30分45秒21をマーク。もちろん、そこに向けて「食事面から身体を作ってきた」というが、それ以上に「身体の成長よりもレースの成長が早かった」。だが、「世界選手権だけではなく、さらに先を目指したとき、彼女の性格上、100%努力させないと納得しない」と五十嵐監督。先を見据えたからこその出場決意だった。

もちろんオレゴン行きもつかみにいく。5月の日本選手権で3位以内に入れば代表に内定。「世界選手権もあきらめていない。ここから3週間でどこに焦点を置くか。一生懸命やってきたい」と話した。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com