月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

女子200m青野朱李がV!17年IH女王が復活遂げる「悔しい思いしてきた」/学生個人


◇日本学生個人選手権(4月15~17日/神奈川・平塚)3日目

ワールドユニバーシティゲームズの選考会を兼ねた日本学生個人選手権。女子短距離に頼もしいスプリンターが戻ってきた。100mの準決勝で学生歴代9位タイの11秒53をマークし、決勝でも2位に入っていた青野朱李(山梨学大)。得意の200mでは予選を24秒58(+1.4)、準決勝で24秒13(+0.8)と悠々トップ通過した。

迎えた決勝は、100m同様に兒玉芽生(ミズノ)、齋藤愛美(大阪成蹊AC)、壹岐あいこ(立命大)という東京五輪代表らと対峙。いずれも高校時代から競り合い、インターハイのタイトルを取ってきた選手たちだ。「優勝する可能性もある状態だったので緊張しました」と青野。だが、「冬季から改善してきた」というスタートで鋭く抜け出すと、コーナーを抜けた時にはリードを広げる。「強みの後半」でも力強さは衰えず、23秒86(+0.3)で優勝した。

「久しぶりの全国タイトル。シンプルにうれしいです」と喜びを表す青野。山形中央高2年時に地元インターハイ200mで優勝した世代のトップスプリンターだった。高3時もケガがありながら秋にはU20日本選手権100m、200mで2冠。だが、大学以降は環境の変化や度重なるケガが続き、タイトルからは遠ざかった。

それでも、青野は戻ってきた。「大学2年目が一番しんどかったです。嫌になりそうな時もありました。でも、応援してくれて、私が結果を残すことで笑顔になる人たちのために恩返しがしたいという思いがあったから」。

昨年から徐々に復調気配を見せると、課題だった臀部やハムストリングスの強化に励んだ冬を越え、身体つきも変わった。「スタートはブロックをを継続して使って感覚を研ぎ澄ませました」と言う。その成果が表れたのが100mの準決勝で自己ベストを出した走り。元々後半方だった青野だが、スタートからの加速で勝負あり、という抜けだしを見せていた。

今季は「100mは11秒前半、200mは自己ベスト(23秒61)を更新して23秒前半を目指したい」と青野。そして「日本代表」への思いも強い。「大学1年で世界リレー代表になってから、その後はみんなが日本代表になる中で悔しい思いをしてきました。だからこそ、絶対に勝負したい」。オレゴン世界選手権への出場権がある4×100mリレーの代表入りに向け、復活した青野がさらにギアを上げていく。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com