月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

400mH東京五輪代表の黒川和樹が49秒40の大会新V「良いシーズンイン」/学生個人


◇日本学生個人選手権(4月15~17日/神奈川・平塚)3日目

ワールドユニバーシティゲームズの選考会を兼ねた日本学生個人選手権。最終日に行われた男子400mハードルは、東京五輪代表の黒川和樹(法大)が49秒40の大会新で優勝した。

「前半から48秒台を意識して行きました」と黒川らしい積極的なレースを展開。後半も「しっかり走り切れたと思います」と言う。それだけに、「48秒に入ったかなと思ったので、記録にはアレ?という感じ」と苦笑いした。それでも、「昨年に比べれば良いシーズンインになっています」と成長を感じている。

昨年は飛躍の1年に。記録も48秒68まで短縮し、日本選手権初優勝、東京五輪出場と、瞬く間に世界が変わった。だが、五輪後は「自分の走り」を見失い、後半シーズンは49秒中盤あたりにとどまっていた。

この冬はスピード持久力をテーマに取り組んだ黒川。「これが走りに結びついていけば」と手応えはある。課題は400mのスピード。目標とする47秒、そして大学の先輩でもある為末大の47秒89の日本記録は「条件が合えば、とは思いますが、やっぱり47秒台は難しいし、為末さんはすごい」と成長すればするほど、その偉大さを実感する。

東京五輪で見せられなかった積極的な走り。今夏のオレゴン世界選手権こそ、持ち前の加速で「ファイナル進出」を目指す。今後は木南記念、静岡国際、セイコーゴールデングランプリ、関東インカレと続くが、「木南か、国立競技場である関東インカレで記録を狙いたい。調子は悪くないです」と、自己ベスト更新でオレゴン世界選手権の参加標準記録(48秒90)の突破を目指す。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com