HOME 国内、大学

2022.04.16

砲丸投アツオビン・ジェイソンが18m42!!大学2年で日本歴代7位!/学生個人
砲丸投アツオビン・ジェイソンが18m42!!大学2年で日本歴代7位!/学生個人


◇日本学生個人選手権(4月15~17日/神奈川・平塚)2日目

ワールドユニバーシティゲームズの選考会を兼ねた日本学生個人選手権。2日目に行われた男子砲丸投で大記録が誕生した。福岡大2年のアツオビン・ジェイソンが6回目に18m42を投げて優勝。日本歴代7位に入るビッグショットだった。

3月に自身初の18m越え(18m22)を投げていたアツオビン。今回は「調子を合わせてきたので19mを狙っていた」という意気込みで臨んだ。1回目に17m82、2回目に18m10と記録を伸ばし「良い流れを作れた」。さらに記録を狙い、「リズムを意識したところから、(グライドの)右脚の引きを速くしよう」と野口安忠監督からアドバイスを受けた。だが、想定より「少し速くし過ぎて」しまったことで、やや身体から離れて接地してうまく力が伝わらない。3回目ファウル。4、5回目も記録が伸びなかった。

「最後は気持ち」という6回目。明らかに滞空時間が長い砲丸が地面に落ちると会場から拍手が沸き、アツオビンもガッツポーズ。18m42は、野口監督の自己記録18m53(日本歴代5位、当時日本記録)にあと11cmに迫るもの。それでも「流れが崩れなかったらもっと大きな記録が出たと思います。(野口監督の)記録を超えたかった」と悔しい表情を見せた。

世界から遠いと言われる砲丸投のホープで、日本陸連ダイヤモンドアスリートにも選出。昨年から身体をさらに大きくし、体重は7kg増の103kgに。スクワットのマックスは150kgから190kgにまでアップした。「そのなかで跳躍、スピードもついて、パワーも生かせています」と持ち味は失っていない。

6月の日本選手権に向け「19mを投げて優勝したい」と力強い。世界大会の参加標準記録は21mを越えるなど、世界に出場することさえ高い壁。だが、「パリ五輪など、高いところから逆算していけば、(記録を)上げていけると思います」と、歴史を変えるつもりでいる。

まずは今季、日本人初の19m超えへ。若きショットプッターの勢いはさらに増していく。

◇日本学生個人選手権(4月15~17日/神奈川・平塚)2日目 ワールドユニバーシティゲームズの選考会を兼ねた日本学生個人選手権。2日目に行われた男子砲丸投で大記録が誕生した。福岡大2年のアツオビン・ジェイソンが6回目に18m42を投げて優勝。日本歴代7位に入るビッグショットだった。 3月に自身初の18m越え(18m22)を投げていたアツオビン。今回は「調子を合わせてきたので19mを狙っていた」という意気込みで臨んだ。1回目に17m82、2回目に18m10と記録を伸ばし「良い流れを作れた」。さらに記録を狙い、「リズムを意識したところから、(グライドの)右脚の引きを速くしよう」と野口安忠監督からアドバイスを受けた。だが、想定より「少し速くし過ぎて」しまったことで、やや身体から離れて接地してうまく力が伝わらない。3回目ファウル。4、5回目も記録が伸びなかった。 「最後は気持ち」という6回目。明らかに滞空時間が長い砲丸が地面に落ちると会場から拍手が沸き、アツオビンもガッツポーズ。18m42は、野口監督の自己記録18m53(日本歴代5位、当時日本記録)にあと11cmに迫るもの。それでも「流れが崩れなかったらもっと大きな記録が出たと思います。(野口監督の)記録を超えたかった」と悔しい表情を見せた。 世界から遠いと言われる砲丸投のホープで、日本陸連ダイヤモンドアスリートにも選出。昨年から身体をさらに大きくし、体重は7kg増の103kgに。スクワットのマックスは150kgから190kgにまでアップした。「そのなかで跳躍、スピードもついて、パワーも生かせています」と持ち味は失っていない。 6月の日本選手権に向け「19mを投げて優勝したい」と力強い。世界大会の参加標準記録は21mを越えるなど、世界に出場することさえ高い壁。だが、「パリ五輪など、高いところから逆算していけば、(記録を)上げていけると思います」と、歴史を変えるつもりでいる。 まずは今季、日本人初の19m超えへ。若きショットプッターの勢いはさらに増していく。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.14

400m中島佑気ジョセフ 初五輪でファイナルへ「日本記録更新が必要になる」マイルリレーメダルへも意欲

男子400mでパリ五輪代表に内定した中島佑気ジョセフ(富士通)が都内で会見を開き、パリ五輪に向けた意気込みを語った。 日本選手権を連覇した中島。パリ五輪の参加標準記録(45秒00)はクリアできなかったが、ワールドランキン […]

NEWS パリ五輪4継Vへ 土江寛裕ディレクター「どのメンバーでも金メダル狙える」

2024.07.14

パリ五輪4継Vへ 土江寛裕ディレクター「どのメンバーでも金メダル狙える」

日本陸連は7月12日、パリ五輪の男子4×100mリレーの練習を公開した。 今回参加したのは100mで代表入りした坂井隆一郎(大阪ガス)、東田旺洋(関彰商事)、200m代表の鵜澤飛羽(筑波大)、上山紘輝(住友電工)、飯塚翔 […]

NEWS 4×100mRパリ五輪で悲願の金へ!桐生祥秀「もう一回メダル取りたい」栁田「2走は僕の区間」

2024.07.14

4×100mRパリ五輪で悲願の金へ!桐生祥秀「もう一回メダル取りたい」栁田「2走は僕の区間」

日本陸連は7月12日、パリ五輪の男子4×100mリレーの練習を公開した。 今回参加したのは100mで代表入りした坂井隆一郎(大阪ガス)、東田旺洋(関彰商事)、200m代表の鵜澤飛羽(筑波大)、上山紘輝(住友電工)、飯塚翔 […]

NEWS 東大阪大敬愛高が4×800mRで日本新!日本選手権Vの久保凛 2分01秒台の激走に「自信になります」

2024.07.13

東大阪大敬愛高が4×800mRで日本新!日本選手権Vの久保凛 2分01秒台の激走に「自信になります」

7月13日、東大阪市第2回OV30陸上競技記録会が東大阪市のトライスタジアム(花園中央公園多目的競技場)で行われ、女子4×800mリレーに東大阪大敬愛高(大阪)の2チームが出場。北村凜(3年)、朝野流南(2年)、田村実彩 […]

NEWS 五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

2024.07.13

五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第3戦の士別大会が7月13日に行われ、女子3000mAではパリ五輪5000m代表の樺沢和佳奈(三井住友海上)が8分53秒99の自己新をマークした。 6月末の日本選手権以来のレースと […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top