月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

砲丸投アツオビン・ジェイソンが18m42!!大学2年で日本歴代7位!/学生個人


◇日本学生個人選手権(4月15~17日/神奈川・平塚)2日目

ワールドユニバーシティゲームズの選考会を兼ねた日本学生個人選手権。2日目に行われた男子砲丸投で大記録が誕生した。福岡大2年のアツオビン・ジェイソンが6回目に18m42を投げて優勝。日本歴代7位に入るビッグショットだった。

3月に自身初の18m越え(18m22)を投げていたアツオビン。今回は「調子を合わせてきたので19mを狙っていた」という意気込みで臨んだ。1回目に17m82、2回目に18m10と記録を伸ばし「良い流れを作れた」。さらに記録を狙い、「リズムを意識したところから、(グライドの)右脚の引きを速くしよう」と野口安忠監督からアドバイスを受けた。だが、想定より「少し速くし過ぎて」しまったことで、やや身体から離れて接地してうまく力が伝わらない。3回目ファウル。4、5回目も記録が伸びなかった。

「最後は気持ち」という6回目。明らかに滞空時間が長い砲丸が地面に落ちると会場から拍手が沸き、アツオビンもガッツポーズ。18m42は、野口監督の自己記録18m53(日本歴代5位、当時日本記録)にあと11cmに迫るもの。それでも「流れが崩れなかったらもっと大きな記録が出たと思います。(野口監督の)記録を超えたかった」と悔しい表情を見せた。

世界から遠いと言われる砲丸投のホープで、日本陸連ダイヤモンドアスリートにも選出。昨年から身体をさらに大きくし、体重は7kg増の103kgに。スクワットのマックスは150kgから190kgにまでアップした。「そのなかで跳躍、スピードもついて、パワーも生かせています」と持ち味は失っていない。

6月の日本選手権に向け「19mを投げて優勝したい」と力強い。世界大会の参加標準記録は21mを越えるなど、世界に出場することさえ高い壁。だが、「パリ五輪など、高いところから逆算していけば、(記録を)上げていけると思います」と、歴史を変えるつもりでいる。

まずは今季、日本人初の19m超えへ。若きショットプッターの勢いはさらに増していく。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com