月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

棒高跳の山本聖途が5m70をクリア! 屋外で4年ぶりの好記録/愛知県国体選考春季選抜


16日、愛知県名古屋市の瑞穂北競技場で愛知県国体選手選考春季選抜競技会が行われ、男子棒高跳で五輪3大会代表の山本聖途(トヨタ自動車)が5m70をクリアした。

山本は5m40から跳び始めると、5m60、5m70といずれも1回で成功。7月のオレゴン世界選手権の参加標準記録である5m80はクリアできなかったものの、屋外では18年8月のアジア大会以来の好記録となった。

13年のモスクワ世界選手権で6位入賞を果たしている山本は、3大会連続出場となった昨年の東京五輪では予選落ちという悔しい結果に。だが、3年後のパリ五輪に向けて、今冬はフランスに渡り、前世界記録保持者のルノー・ラヴィレニ(フランス)を指導したダミアン・イノセンシオ・コーチの下でトレーニングを積んだ。2月にはフランス室内選手権で5m71をマーク。3月には日本選手権室内でも優勝を飾り、波に乗る。

今後は4月30日の木南記念、5月3日の静岡国際など日本グランプリシリーズの大会にエントリーしている山本。東京五輪代表の江島雅紀(富士通)や昨年の日本選手権優勝者・竹川倖生(丸元産業)らとの勝負に注目が集まる。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com