月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

創価大・葛西潤と嶋津雄大が10000mでワンツー!クロカンから好調キープ/学生個人


◇日本学生個人選手権(4月15~17日/神奈川・平塚)1日目

ワールドユニバーシティゲームズの選考会を兼ねた日本学生個人選手権。初日の最終種目だった男子10000mは箱根駅伝で3年連続シード権獲得中の創価大勢が躍動した。

レース序盤は、順大の野村優作を先頭に1000m通過が2分59秒とスローペースの展開。すると、1400m過ぎに葛西潤(創価大)が先頭に立ち、レースを牽引し始めた。

「スローになったら前に出てレースを引っ張ろうと思っていました。ラストのスプリント勝負になったら、足が遅いので勝てないと思ったので…」

そして、1000mから2000mは2分51秒、2000mから3000mは2分47秒とペースをじわりじわりと引き上げた。

葛西の積極的なレース運びに、留年してチームに残った“5年生”の嶋津雄大も奮起。先頭集団の後方に位置取っていた嶋津だったが、4000m過ぎに、葛西に代わって先頭に立った。3000mから4000mは2分53秒とペースダウンしたが、4000mから5000mも2分53秒でなんとかペースをキープした。

「最近は調子が悪くて、今日のレースにギリギリ間に合うかどうかの状態でした。気楽に走ろうと思っていたんですけど、1位を狙えそうな葛西が前に出ていたので、(一人で引っ張らせたら)後半に響くだろうと思い、自分も身代わりになろうと思って前に出ました。葛西は余裕そうでしたけどね」

そういって笑う嶋津の言葉通り、葛西には余裕があった。5000mを14分22秒で通過すると、5200m過ぎに葛西は再び先頭へ。

「ちょっと(後続と)間が空いたかなっていうタイミングで、じわじわダメージを与えられたらいいなと思って、少しペースを上げました」

一気にペースアップしたわけではなかったが、2位以下をじわりじわりと引き離す。そして、終盤は独走となり28分30秒65で優勝。約8秒差の2位には嶋津が入り、創価大勢としてワンツーフィニッシュを果たした。

「3位以内に入れればと思っていたので、良過ぎました」と、葛西にとって優勝は想定以上の結果だった。2月のクロスカントリー日本選手権でも、シニア男子(10km)で2位に入っており、今年に入って立て続けに好成績をマークしている。

昨季は左足の足底のケガで、2年時の箱根駅伝が終わってから9カ月間も走れない期間があった。今季はケガもなく「良い練習を継続してできていること」が好調の要因だという。

「昨年走れていなかったので、試合一つひとつに出られるだけでもありがたい。昨年出られなかった分、噛み締めながら走れればなと思います。ウチはまだ全日本大学駅伝に出たことがないので、まずは全日本関東選考会を突破し三大駅伝で戦えるように、自分の力を出し、チームを引っ張っていければと思います」

高校時代には世界クロスカントリー選手権に日の丸を付けて出場するなど、その実力は折り紙付き。大学に入ってからは、スタートラインに立てば、きっちりと結果を残したが、ケガもあってDNS(欠場)のレースも多かった。今シーズンは順調にシーズンイン。大学ラストイヤーに“眠れる獅子”がいよいよ大暴れしそうだ。

文/和田悟志

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com