月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

織田記念のエントリー発表!100mに多田修平、桐生祥秀、小池祐貴ら参戦!ハードル陣は泉谷、青木の日本記録保持者も

4月29日に行われる日本グランプリシリーズの織田記念(広島)のエントリー選手が発表された。

男子100mには昨年の日本王者・多田修平(住友電工)、桐生祥秀(日本生命)、小池祐貴(住友電工)、デーデー・ブルーノ(セイコー)といった東京五輪代表がエントリー。台湾からは楊俊瀚(台湾)も出場を予定している。膝の手術を公表した地元の山縣亮太(セイコー)は出場しない。

女子100mは東京五輪4×100mリレー代表の兒玉芽生(ミズノ)、石川優(青学大)、青山華依(甲南大)、鶴田玲美(南九州ファミリーマート)、齋藤愛美(大阪成蹊AC)のほかに、復調してきた御家瀬緑(住友電工)などがエントリーした。

注目なのが男女スプリントハードル。男子は13秒06の日本記録を持つ泉谷駿介(住友電工)、元日本記録保持者の高山峻野(ゼンリン)の東京五輪代表に、村竹ラシッド(順大)、石川周平(富士通)、世界室内で好走した野本周成(愛媛陸協)が登録した。女子は先日12秒86の日本記録をマークした青木益未(七十七銀行)、前日本記録保持者の寺田明日香(ジャパンクリエイト)などが名を連ねる。

男子3000m障害には東京五輪代表の山口浩勢(愛三工業)などが登録したが、五輪7位の三浦龍司(順大)はエントリーしなかった。女子5000mは廣中璃梨佳(日本郵政グループ)、萩谷楓(エディオン)、田中希実(豊田自動織機)といった東京五輪代表3人がエントリー。男子は遠藤日向(住友電工)や塩尻和也(富士通)などが出場見込みだ。

織田幹雄を冠する大会とあって、特別な種目である男子三段跳には17mジャンパーとなった伊藤陸(近大高専)が出場。日本記録(17m15)を更新すればオレゴン世界選手権の参加標準記録(17m14)もクリアできる。

大会は4月29日に、広島・広島広域公園(エディオンスタジアム)で行われる。

エントリー一覧はこちら(外部リンク)

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com