月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

実業団年間MVPに20km競歩の池田向希!ニューイヤー初VのHonda/実業団ofTheYear表彰


写真/Mochizuki Jiro(Agence SHOT)

日本実業団連合が4月14日、2021年度の「実業団 of The Year」受賞者を発表した。

年間最優秀選手に当たる「Athlete of The Year賞」には、東京五輪男子20km競歩で銀メダルを獲得した池田向希(旭化成)が選ばれた。池田は日本陸連のアスレティックスアワードにおいて、「アスリート・オブ・ザ・イヤー」にも選出されている。

優秀選手賞の「Finalist アスリート賞」は、同じく東京五輪で活躍した山西利和(愛知製鋼)や橋岡優輝(富士通)らが選出。男子100mで9秒95の日本記録を樹立した山縣亮太(セイコー)、女子ハーフマラソンで女子単独レース日本記録樹立の五島莉乃(資生堂)には特別賞が贈られている。

「Team of The Year賞」は、全日本実業団対抗駅伝で初優勝を飾ったHondaが受賞。Hondaを率いた小川 智監督には「Coach of The Year賞」が贈られた。各賞受賞者と選出理由は以下の通り。

【社会貢献賞】
・コニカミノルタ
「日野市部活動改革プロジェクト」や「スポーツ庁Sport in Life実証実験プロジェクト」における自治体との緊密な連携・協力や、「八王子ロングディスタンス」の長年にわたる運営支援・LIVE配信によるファンサービスなどの実績等、活動が多岐多彩にわたる
【チーム賞】
Team of The Year賞
・Honda
第66回全日本実業団対抗駅伝競走大会(ニューイヤー駅伝) 初優勝
Finalist チーム賞
・富士通
第69回全日本実業団対抗陸上競技選手権大会 団体総合優勝・男子総合優勝
・積水化学
第41回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会(クイーンズ駅伝)初優勝

【個人賞】
Athlete of The Year賞
・池田 向希(旭化成)
東京2020オリンピックの男子20km競歩において、1時間21分14秒で2位に入賞し、同種目で日本選手初となる銀メダルを獲得

Finalist アスリート賞
・山西 利和(愛知製鋼)
東京2020オリンピックの男子20km競歩において、1時間21分28秒で3位に入賞し銅メダルを獲得
・橋岡 優輝(富士通)
東京2020オリンピックの男子走幅跳において決勝に進出、8m10で6位入賞
・川野 将虎(旭化成)
東京2020オリンピックの男子50km競歩において、3時間51分56秒で6位入賞
・廣中 璃梨佳(JP日本郵政グループ)
東京2020オリンピック女子10000mにおいて31分00秒71で7位入賞。女子5000mでも決勝に進出し14分52秒84の日本新記録
・ 一山 麻緒(ワコール=当時、現・資生堂)
東京2020オリンピックの女子マラソンにおいて、2時間30分13秒で8位入賞

特別賞
・山縣 亮太(セイコー)
日本グランプリシリーズ 鳥取大会 布勢スプリント2021 の男子100mにおいて、9秒95の日本新記録
・五島 莉乃(資生堂)
第50回全日本実業団ハーフマラソン大会において、1時間08分03秒の女子単独レース日本新記録

U23アスリート賞
・林田 洋翔(三菱重工)
第50回全日本実業団ハーフマラソン大会において、1時間00分38秒で優勝
・山中 柚乃(愛媛銀行)
第105回日本陸上競技選手権大会 女子3000mSC優勝、同種目で東京2020オリンピック出場

Coach of The Year賞
・小川 智(Honda)
監督として東京2020オリンピック代表選手を輩出したほか、チームを全日本実業団駅伝(ニューイヤー駅伝)初優勝に導く

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com