HOME 国内

2022.04.14

実業団年間MVPに20km競歩の池田向希!ニューイヤー初VのHonda/実業団ofTheYear表彰
実業団年間MVPに20km競歩の池田向希!ニューイヤー初VのHonda/実業団ofTheYear表彰


写真/Mochizuki Jiro(Agence SHOT)

日本実業団連合が4月14日、2021年度の「実業団 of The Year」受賞者を発表した。

年間最優秀選手に当たる「Athlete of The Year賞」には、東京五輪男子20km競歩で銀メダルを獲得した池田向希(旭化成)が選ばれた。池田は日本陸連のアスレティックスアワードにおいて、「アスリート・オブ・ザ・イヤー」にも選出されている。

優秀選手賞の「Finalist アスリート賞」は、同じく東京五輪で活躍した山西利和(愛知製鋼)や橋岡優輝(富士通)らが選出。男子100mで9秒95の日本記録を樹立した山縣亮太(セイコー)、女子ハーフマラソンで女子単独レース日本記録樹立の五島莉乃(資生堂)には特別賞が贈られている。

「Team of The Year賞」は、全日本実業団対抗駅伝で初優勝を飾ったHondaが受賞。Hondaを率いた小川 智監督には「Coach of The Year賞」が贈られた。各賞受賞者と選出理由は以下の通り。

【社会貢献賞】
・コニカミノルタ
「日野市部活動改革プロジェクト」や「スポーツ庁Sport in Life実証実験プロジェクト」における自治体との緊密な連携・協力や、「八王子ロングディスタンス」の長年にわたる運営支援・LIVE配信によるファンサービスなどの実績等、活動が多岐多彩にわたる
【チーム賞】
Team of The Year賞
・Honda
第66回全日本実業団対抗駅伝競走大会(ニューイヤー駅伝) 初優勝
Finalist チーム賞
・富士通
第69回全日本実業団対抗陸上競技選手権大会 団体総合優勝・男子総合優勝
・積水化学
第41回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会(クイーンズ駅伝)初優勝

【個人賞】
Athlete of The Year賞
・池田 向希(旭化成)
東京2020オリンピックの男子20km競歩において、1時間21分14秒で2位に入賞し、同種目で日本選手初となる銀メダルを獲得

Finalist アスリート賞
・山西 利和(愛知製鋼)
東京2020オリンピックの男子20km競歩において、1時間21分28秒で3位に入賞し銅メダルを獲得
・橋岡 優輝(富士通)
東京2020オリンピックの男子走幅跳において決勝に進出、8m10で6位入賞
・川野 将虎(旭化成)
東京2020オリンピックの男子50km競歩において、3時間51分56秒で6位入賞
・廣中 璃梨佳(JP日本郵政グループ)
東京2020オリンピック女子10000mにおいて31分00秒71で7位入賞。女子5000mでも決勝に進出し14分52秒84の日本新記録
・ 一山 麻緒(ワコール=当時、現・資生堂)
東京2020オリンピックの女子マラソンにおいて、2時間30分13秒で8位入賞

特別賞
・山縣 亮太(セイコー)
日本グランプリシリーズ 鳥取大会 布勢スプリント2021 の男子100mにおいて、9秒95の日本新記録
・五島 莉乃(資生堂)
第50回全日本実業団ハーフマラソン大会において、1時間08分03秒の女子単独レース日本新記録

U23アスリート賞
・林田 洋翔(三菱重工)
第50回全日本実業団ハーフマラソン大会において、1時間00分38秒で優勝
・山中 柚乃(愛媛銀行)
第105回日本陸上競技選手権大会 女子3000mSC優勝、同種目で東京2020オリンピック出場

Coach of The Year賞
・小川 智(Honda)
監督として東京2020オリンピック代表選手を輩出したほか、チームを全日本実業団駅伝(ニューイヤー駅伝)初優勝に導く

写真/Mochizuki Jiro(Agence SHOT) 日本実業団連合が4月14日、2021年度の「実業団 of The Year」受賞者を発表した。 年間最優秀選手に当たる「Athlete of The Year賞」には、東京五輪男子20km競歩で銀メダルを獲得した池田向希(旭化成)が選ばれた。池田は日本陸連のアスレティックスアワードにおいて、「アスリート・オブ・ザ・イヤー」にも選出されている。 優秀選手賞の「Finalist アスリート賞」は、同じく東京五輪で活躍した山西利和(愛知製鋼)や橋岡優輝(富士通)らが選出。男子100mで9秒95の日本記録を樹立した山縣亮太(セイコー)、女子ハーフマラソンで女子単独レース日本記録樹立の五島莉乃(資生堂)には特別賞が贈られている。 「Team of The Year賞」は、全日本実業団対抗駅伝で初優勝を飾ったHondaが受賞。Hondaを率いた小川 智監督には「Coach of The Year賞」が贈られた。各賞受賞者と選出理由は以下の通り。 【社会貢献賞】 ・コニカミノルタ 「日野市部活動改革プロジェクト」や「スポーツ庁Sport in Life実証実験プロジェクト」における自治体との緊密な連携・協力や、「八王子ロングディスタンス」の長年にわたる運営支援・LIVE配信によるファンサービスなどの実績等、活動が多岐多彩にわたる 【チーム賞】 Team of The Year賞 ・Honda 第66回全日本実業団対抗駅伝競走大会(ニューイヤー駅伝) 初優勝 Finalist チーム賞 ・富士通 第69回全日本実業団対抗陸上競技選手権大会 団体総合優勝・男子総合優勝 ・積水化学 第41回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会(クイーンズ駅伝)初優勝 【個人賞】 Athlete of The Year賞 ・池田 向希(旭化成) 東京2020オリンピックの男子20km競歩において、1時間21分14秒で2位に入賞し、同種目で日本選手初となる銀メダルを獲得 Finalist アスリート賞 ・山西 利和(愛知製鋼) 東京2020オリンピックの男子20km競歩において、1時間21分28秒で3位に入賞し銅メダルを獲得 ・橋岡 優輝(富士通) 東京2020オリンピックの男子走幅跳において決勝に進出、8m10で6位入賞 ・川野 将虎(旭化成) 東京2020オリンピックの男子50km競歩において、3時間51分56秒で6位入賞 ・廣中 璃梨佳(JP日本郵政グループ) 東京2020オリンピック女子10000mにおいて31分00秒71で7位入賞。女子5000mでも決勝に進出し14分52秒84の日本新記録 ・ 一山 麻緒(ワコール=当時、現・資生堂) 東京2020オリンピックの女子マラソンにおいて、2時間30分13秒で8位入賞 特別賞 ・山縣 亮太(セイコー) 日本グランプリシリーズ 鳥取大会 布勢スプリント2021 の男子100mにおいて、9秒95の日本新記録 ・五島 莉乃(資生堂) 第50回全日本実業団ハーフマラソン大会において、1時間08分03秒の女子単独レース日本新記録 U23アスリート賞 ・林田 洋翔(三菱重工) 第50回全日本実業団ハーフマラソン大会において、1時間00分38秒で優勝 ・山中 柚乃(愛媛銀行) 第105回日本陸上競技選手権大会 女子3000mSC優勝、同種目で東京2020オリンピック出場 Coach of The Year賞 ・小川 智(Honda) 監督として東京2020オリンピック代表選手を輩出したほか、チームを全日本実業団駅伝(ニューイヤー駅伝)初優勝に導く

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

【大会結果】日本学生個人選手権(2024年6月14~16日)

【大会結果】日本学生個人選手権(2024年6月14~16日/神奈川・平塚、ハンマー投のみ東海大) ●男子 100m   200m   400m   800m   1500m  東秀太(広島経大3)  3分49秒40 50 […]

NEWS 100mH関東インカレVの髙橋亜珠が“2冠”男子も筑波大・樋口隼人が制す/日本学生個人

2024.06.14

100mH関東インカレVの髙橋亜珠が“2冠”男子も筑波大・樋口隼人が制す/日本学生個人

◇日本学生個人選手権(6月14日~16日/神奈川・レモンガススタジアム平塚)1日目 “学生ナンバーワン”を決める日本学生個人選手権の1日目が行われ、女子100mハードルは髙橋亜珠(筑波大)が13秒35(+0.3)をマーク […]

NEWS パリ五輪出場資格獲得条件の世界ランキングが更新 欧州選手権の結果を受け、1万m葛西潤、100mH寺田明日香らが圏外に

2024.06.14

パリ五輪出場資格獲得条件の世界ランキングが更新 欧州選手権の結果を受け、1万m葛西潤、100mH寺田明日香らが圏外に

今夏のパリ五輪出場資格の獲得条件となる世界陸連(WA)のワールドランキング(Road to Paris)が更新された。6月7日~12日に行われた欧州選手権の結果が反映され、各種目で日本人が順位を落としている。 パリ五輪の […]

NEWS 久保凛1500mで自己新V!4分19秒11で「近畿をしっかりと勝ち切れて良かった」/IH近畿

2024.06.14

久保凛1500mで自己新V!4分19秒11で「近畿をしっかりと勝ち切れて良かった」/IH近畿

◇インターハイ近畿地区大会(6月13~16日/大阪市・ヤンマースタジアム長居、ヤンマーフィールド長居)2日目 福岡インターハイを懸けた近畿地区大会の2日目が行われ、女子1500mは上位3人が4分20秒を切るハイレベルのな […]

NEWS U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

2024.06.14

U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

日本陸連は6月14日、第40回U20日本選手権(6月27日~30日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)エントリーリストの暫定版を発表した。 今回のU20日本選手権はU20世界選手権(8月27日~31日/ペルー・リマ)の […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top