月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

三重で競技未経験の小学生を対象とした陸上教室が実施 500人が走る楽しさを学ぶ


4月10日、陸上競技未経験の児童(小学生3年~6年生)と、その保護者を対象とした陸上教室が三重県伊勢市で開催された。

このイベントは三重国体のレガシープロジェクトとして、県内で多くの選手を育成した指導者が「運動会で輝く方法を教えます」をコンセプトに三重陸協が企画し、開催したもの。初回となった10日の陸上教室では、晴天の中、小学生約500人とその保護者が参加し、子どもたちの発育発達段階に応じたトレーニングを実施。約2時間のプログラムで、エアロビクス、コーディネーショントレーニング、遊びの要素を入れた走りのゲーム、そして速く走るためのポイントを学んだ。また、5、6年生は三重国体が開催される予定であった競技場で50mの計測も行い、参加した子供からは「脚の動かし方や腕の振り方を教えてもらったので、家で練習したいです」という声も上がった。

陸上教室は7月までに計4回行われる予定で、今後は日本選手権で活躍したトップアスリートが指導する予定もあるという。イベントを主催した三重陸協の三輪亮介さんは「参加者の児童や保護者に身体を動かすことの楽しさと速く走るためのスキルを少しでも身につけてもらい、一人でも多くの子どもたちが運動会で輝いてほしいです」と話している。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com