HOME 駅伝

2022.04.13

国士大が「小川・添田体制」に “悲運のエース”が母校をシード常連校に導く
国士大が「小川・添田体制」に “悲運のエース”が母校をシード常連校に導く


今年の箱根駅伝で15位だった国士大駅伝チームの指導体制が変更され、昨年度まで助監督だった小川博之氏(43歳)が4月1日付けで駅伝監督に昇格した。「日本人エースを育てて箱根駅伝でシード権を取れるようにしたい」と小川監督。同じ福島県出身で国士大の2年先輩である添田正美前駅伝監督(45歳)はコーチとして引き続きチームを指導する。

小川監督は福島・植田中時代の1991年に全中1年1500mを制し、田村高3年時の96年にはインターハイ5000mで日本人最上位(2位)、国体少年A5000m優勝など全国トップレベルで活躍。国士大では3年時の99年に関東インカレ5000mで優勝し、ユニバーシアードにも出場した。チームが予選会を突破できなかったため箱根駅伝の出場経験はないが、予選会(20km)では1年時に個人3位に食い込むなど、毎年“悲運のエース”として注目を集めた。卒業後はケガや病気に苦しみながらも日清食品、JALグランドサービス、八千代工業で競技を続け、2013年に34歳で引退した。

広告の下にコンテンツが続きます

八千代工業に在籍していた2010~12年度には現役の実業団選手ながらコーチとして国士大を指導し、チームを実質的に率いていた12年の箱根駅伝ではシード次点の11位に入っている(小川氏は前日の全日本実業団対抗駅伝にも出場)。個人でも関東インカレ5000m2連覇の藤本拓、現在ケニアを拠点として活動するプロランナーの福田穣(NN Running Team)らを育てた。現役引退後は三井住友海上のコーチを経てサンベルクスの監督となったが、再建を目指す国士大から2020年に助監督として迎え入れられ、今季は11年ぶりに母校を率いることになった。

誰からも好かれる気さくな人柄と個々の選手に合わせた丁寧なコーチングには定評があり、「まだ故障や体調不良で出遅れている選手も多いですが、今年は10000m28分30秒前後の日本人選手を1人か2人、28分台を4人くらいは出したい」と話す。昨年度まではチームをA、B、Cに分けつつも全体で同じメニューをこなすスタイルだったが、今季からはAの25~30人を小川監督が、BとCを添田コーチが担当するかたちに役割分担し、ジェームス・ムワンギコーチが指導する留学生のピーター・カマウと日本人選手が一緒に練習する機会も増やしたいという。チームの軸となるのは綱島辰弥、福井大夢、中西真大、山本龍神らで、国士大初の高校時代5000m13分台ルーキー・岩下翔哉も即戦力だ。

また、小川監督はこの春から2年間、日大大学院(通信課程)でスポーツ心理学を学ぶ予定だったため、学業と並行しながらの指導となる。「メンタルの強化が必要な選手もいるので、試合や練習によって心理状態がどのように変化するか調査をしながら現場に生かしたい」と意気込む。

「今年は立て直しの年になるかもしれませんが、まずは確実に箱根駅伝予選会を通過したい。本戦でもシード権獲得の常連になれたらと思っています。そして、個人でも日の丸をつけられる選手を育てたいです」(小川監督)

広告の下にコンテンツが続きます

駒大・大八木弘明監督をはじめ、福島県出身の指導者が多い学生長距離界。かつて福島のヒーローだった小川監督が箱根駅伝でどんな手腕を発揮するのか、今後に注目だ。

文/山本慎一郎

今年の箱根駅伝で15位だった国士大駅伝チームの指導体制が変更され、昨年度まで助監督だった小川博之氏(43歳)が4月1日付けで駅伝監督に昇格した。「日本人エースを育てて箱根駅伝でシード権を取れるようにしたい」と小川監督。同じ福島県出身で国士大の2年先輩である添田正美前駅伝監督(45歳)はコーチとして引き続きチームを指導する。 小川監督は福島・植田中時代の1991年に全中1年1500mを制し、田村高3年時の96年にはインターハイ5000mで日本人最上位(2位)、国体少年A5000m優勝など全国トップレベルで活躍。国士大では3年時の99年に関東インカレ5000mで優勝し、ユニバーシアードにも出場した。チームが予選会を突破できなかったため箱根駅伝の出場経験はないが、予選会(20km)では1年時に個人3位に食い込むなど、毎年“悲運のエース”として注目を集めた。卒業後はケガや病気に苦しみながらも日清食品、JALグランドサービス、八千代工業で競技を続け、2013年に34歳で引退した。 八千代工業に在籍していた2010~12年度には現役の実業団選手ながらコーチとして国士大を指導し、チームを実質的に率いていた12年の箱根駅伝ではシード次点の11位に入っている(小川氏は前日の全日本実業団対抗駅伝にも出場)。個人でも関東インカレ5000m2連覇の藤本拓、現在ケニアを拠点として活動するプロランナーの福田穣(NN Running Team)らを育てた。現役引退後は三井住友海上のコーチを経てサンベルクスの監督となったが、再建を目指す国士大から2020年に助監督として迎え入れられ、今季は11年ぶりに母校を率いることになった。 誰からも好かれる気さくな人柄と個々の選手に合わせた丁寧なコーチングには定評があり、「まだ故障や体調不良で出遅れている選手も多いですが、今年は10000m28分30秒前後の日本人選手を1人か2人、28分台を4人くらいは出したい」と話す。昨年度まではチームをA、B、Cに分けつつも全体で同じメニューをこなすスタイルだったが、今季からはAの25~30人を小川監督が、BとCを添田コーチが担当するかたちに役割分担し、ジェームス・ムワンギコーチが指導する留学生のピーター・カマウと日本人選手が一緒に練習する機会も増やしたいという。チームの軸となるのは綱島辰弥、福井大夢、中西真大、山本龍神らで、国士大初の高校時代5000m13分台ルーキー・岩下翔哉も即戦力だ。 また、小川監督はこの春から2年間、日大大学院(通信課程)でスポーツ心理学を学ぶ予定だったため、学業と並行しながらの指導となる。「メンタルの強化が必要な選手もいるので、試合や練習によって心理状態がどのように変化するか調査をしながら現場に生かしたい」と意気込む。 「今年は立て直しの年になるかもしれませんが、まずは確実に箱根駅伝予選会を通過したい。本戦でもシード権獲得の常連になれたらと思っています。そして、個人でも日の丸をつけられる選手を育てたいです」(小川監督) 駒大・大八木弘明監督をはじめ、福島県出身の指導者が多い学生長距離界。かつて福島のヒーローだった小川監督が箱根駅伝でどんな手腕を発揮するのか、今後に注目だ。 文/山本慎一郎

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.28

【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~国士大~山本雷我「主将の走りができた」生駒直幸「チームを統率していく」

記念すべき第100回目の箱根駅伝に出場した23チームの、出走全230人にアンケートを実施。出走した選手たちの声を刻みます! 【アンケート項目】 (1)大会を終えての感想、コースの攻略法など (2)今だから話せる裏話 (3 […]

NEWS 【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第42回「スポーツの世界における“矛と盾”~切磋琢磨の末に生まれる新時代の息吹~」

2024.02.28

【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第42回「スポーツの世界における“矛と盾”~切磋琢磨の末に生まれる新時代の息吹~」

山梨学大の上田誠仁顧問の月陸Online特別連載コラム。これまでの経験や感じたこと、想いなど、心のままに綴っていただきます! 第42回「スポーツの世界における“矛と盾”~切磋琢磨の末に生まれる新時代の息吹~」 矛盾という […]

NEWS 「愛情たっぷりの宮古島大学駅伝に行って来ました!」”元祖駅伝好きアイドル”西村菜那子の陸上日記特別編

2024.02.28

「愛情たっぷりの宮古島大学駅伝に行って来ました!」”元祖駅伝好きアイドル”西村菜那子の陸上日記特別編

みなさんこんにちは! 西村菜那子です。月陸Onlineさんでは以前連載コラムを担当させていただいました。コラムを書かせていただくのは、なんと2021年の9月ぶり。約2年半ぶりに担当させていただきます! 2月11日に、宮古 […]

NEWS 【高校生FOCUS】男子中距離・落合晃(滋賀学園高)800mで世界を目指す

2024.02.28

【高校生FOCUS】男子中距離・落合晃(滋賀学園高)800mで世界を目指す

FOCUS! 高校生INTERVIEW 落合 晃  Ochiai Ko 滋賀学園高2滋賀 注目高校アスリートをフォーカスして紹介するコーナー!今回は、男子中距離の落合晃選手(滋賀学園高2年滋賀)です。昨年のインターハイ8 […]

NEWS 日本男子長距離界のホープも絶賛! アシックスのレーシングシューズ「METASPEED」がさらに進化

2024.02.28

日本男子長距離界のホープも絶賛! アシックスのレーシングシューズ「METASPEED」がさらに進化

アシックスは、トップアスリート向けの新レーシングシューズ「METASPEED」シリーズの最新作「METASPEED SKY PARIS」、「METASPEED EDGE PARIS」を発表した。 28日、都内で行われたメ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top