月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

国士大が「小川・添田体制」に “悲運のエース”が母校をシード常連校に導く


今年の箱根駅伝で15位だった国士大駅伝チームの指導体制が変更され、昨年度まで助監督だった小川博之氏(43歳)が4月1日付けで駅伝監督に昇格した。「日本人エースを育てて箱根駅伝でシード権を取れるようにしたい」と小川監督。同じ福島県出身で国士大の2年先輩である添田正美前駅伝監督(45歳)はコーチとして引き続きチームを指導する。

小川監督は福島・植田中時代の1991年に全中1年1500mを制し、田村高3年時の96年にはインターハイ5000mで日本人最上位(2位)、国体少年A5000m優勝など全国トップレベルで活躍。国士大では3年時の99年に関東インカレ5000mで優勝し、ユニバーシアードにも出場した。チームが予選会を突破できなかったため箱根駅伝の出場経験はないが、予選会(20km)では1年時に個人3位に食い込むなど、毎年“悲運のエース”として注目を集めた。卒業後はケガや病気に苦しみながらも日清食品、JALグランドサービス、八千代工業で競技を続け、2013年に34歳で引退した。

八千代工業に在籍していた2010~12年度には現役の実業団選手ながらコーチとして国士大を指導し、チームを実質的に率いていた12年の箱根駅伝ではシード次点の11位に入っている(小川氏は前日の全日本実業団対抗駅伝にも出場)。個人でも関東インカレ5000m2連覇の藤本拓、現在ケニアを拠点として活動するプロランナーの福田穣(NN Running Team)らを育てた。現役引退後は三井住友海上のコーチを経てサンベルクスの監督となったが、再建を目指す国士大から2020年に助監督として迎え入れられ、今季は11年ぶりに母校を率いることになった。

誰からも好かれる気さくな人柄と個々の選手に合わせた丁寧なコーチングには定評があり、「まだ故障や体調不良で出遅れている選手も多いですが、今年は10000m28分30秒前後の日本人選手を1人か2人、28分台を4人くらいは出したい」と話す。昨年度まではチームをA、B、Cに分けつつも全体で同じメニューをこなすスタイルだったが、今季からはAの25~30人を小川監督が、BとCを添田コーチが担当するかたちに役割分担し、ジェームス・ムワンギコーチが指導する留学生のピーター・カマウと日本人選手が一緒に練習する機会も増やしたいという。チームの軸となるのは綱島辰弥、福井大夢、中西真大、山本龍神らで、国士大初の高校時代5000m13分台ルーキー・岩下翔哉も即戦力だ。

また、小川監督はこの春から2年間、日大大学院(通信課程)でスポーツ心理学を学ぶ予定だったため、学業と並行しながらの指導となる。「メンタルの強化が必要な選手もいるので、試合や練習によって心理状態がどのように変化するか調査をしながら現場に生かしたい」と意気込む。

「今年は立て直しの年になるかもしれませんが、まずは確実に箱根駅伝予選会を通過したい。本戦でもシード権獲得の常連になれたらと思っています。そして、個人でも日の丸をつけられる選手を育てたいです」(小川監督)

駒大・大八木弘明監督をはじめ、福島県出身の指導者が多い学生長距離界。かつて福島のヒーローだった小川監督が箱根駅伝でどんな手腕を発揮するのか、今後に注目だ。

文/山本慎一郎

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com