月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

泉谷駿介が住友電工に入社 山内大夢は地元の東邦銀行へ 各チームが新体制を発表


新年度を迎えるにあたり、今春大学を卒業した選手たちが実業団やクラブチームに加入。また、多くのチームで新体制が発表された。

東京五輪代表では女子1500m8位の田中希実が豊田自動織機、男子110mハードルの泉谷駿介が住友電工、男子400mハードルの山内大夢は東邦銀行、女子4×100mリレーの兒玉芽生はミズノにそれぞれ入社。男子4×100mリレー補欠のデーデー・ブルーノはセイコーと所属契約を結び、女子4×100mリレーの齋藤愛美は大阪成蹊ACで競技を続ける。

また、女子マラソンの一山麻緒が監督の永山忠幸氏とともにワコールから資生堂に移籍。男子4×400mリレーの川端魁人が教員の職を辞して、中京大の短距離プレイングコーチに就任し、女子20km競歩の岡田久美子は富士通に加入した。

このほか、2020年日本選手権女子800mの優勝の川田朱夏はJOCの就職支援制度「アスナビ」を通して、ニコニコのりに入社している。

実業団では移籍選手も発表され、男子では今年のニューイヤー駅伝で2位だったSUBARUは昨年度いっぱいでの廃部が決まっていた八千代工業から真船恭輔が加入。SUBARUに所属していた住吉秀昭は九電工、富士通の下史典がトヨタ紡織へ移籍し、SGホールディングスの阪口竜平はOnアスリートと契約を結んだ。女子では2020年に豊田自動織機を退社していた福田有以がユニクロに新加入。天満屋の翁田あかりが4年ぶりに競技に復帰することも明らかになった。

監督の交代も相次ぎ、全日本実業団駅伝で過去3度優勝しているトヨタ自動車は佐藤敏信監督が総監督となり、コーチの熊本剛氏が監督に昇格。SGホールディングスは監督代行だった塩見雄介氏が監督となり、中央発條も亀鷹律良氏に代わり佐藤雄治氏が監督に就いた。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com