月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

オビリがパフォーマンス世界歴代10位の1時間4分48秒 世界選手権は2連覇中の5000m挑戦/イスタンブールハーフ


写真/Mochizuki Jiro(Agence SHOT)

3月27日に開催されたイスタンブールハーフマラソン(トルコ)で、女子はH.オビリ(ケニア)がセカンドベストの1時間4分48秒(パフォーマンス世界歴代10位)で優勝した。

オビリは5000mで世界選手権2連覇(17年ロンドン、19年ドーハ)しており、五輪では16年リオと昨年の東京と2大会連続で銀メダルを獲得。ハーフマラソンでは今年2月に世界歴代5位の1時間4分22秒をマークしている。「(今年の)世界選手権はディフェンディングチャンピオンとして5000mを走りたい。初マラソンは2023年になりそうだ」とコメントした。

男子は愛三工業に所属するR.ケモイ(ケニア)がコースレコードの59分15秒で制覇。2月に出した自己記録(58分30秒)には届かなかったが、こちらも自己2番目のタイムで駆け抜けた。

同じく27日にイタリアで行われたアチェアラン・ローマ・ザ・マラソンでは、男子はF.ベケレ(エチオピア)が2時間6分48秒で、女子はS.ダラサ(エチオピア)が2時間26分09秒でそれぞれ優勝している。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com