月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

女子100mHの世界記録保持者K.ハリソンが12秒32w 男子100mはガーナの新鋭が9秒90/テキサスリレー

写真/Mochizuki Jiro(Agence SHOT)

3月23日〜26日、米国・テキサス州で「テキサス・リレー」が開催され、26日の招待女子100mハードルでは世界記録(12秒20)保持者のK.ハリソン(米国)が12秒32(+3.9)で優勝した。追い風参考記録ではあるが、自身4番目のタイムだった。同日の200mにも出場し、22秒19(+3.1)をマークしている。

招待女子200mは東京五輪銅メダルのG.トーマス(米国)が21秒69(+3.1)で優勝。トーマスは招待女子100mも10秒92(+2.9)で制し、追い風参考ながら自己記録(11秒00)を上回るタイムだった。

同じく26日の男子100mはボストン大所属のT.マコヤウォ(英国)が4.6mの追い風を受け、参考記録ながら9秒90で勝利。25日の予選では公認の自己ベストとなる10秒12(+1.1)をマークした。マコヤウォは現在19歳で、昨年のU20欧州選手権100mに優勝している。25日の男子100m予選では、B.アザマティ-ワク(ガーナ)が9秒90(+2.0)の今季世界最高、ガーナ新記録を樹立した。

23、24日に行われた女子七種競技はA.ホール(米国)が6412点の自己新で優勝。7種目中5種目で自己記録を更新し、なかでも最終種目の800mは2分04秒61の好記録だった。同日の男子十種競技では、テキサス大のL.ノイゲバウアー(ドイツ)が自身初の8000点台となる8131点で快勝した。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com