月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

塩尻和也と三浦龍司が3000mに出場 やり投・斉藤真理菜が59m33、三段跳・髙島が学生歴代6位


3月24日から27日にかけて、各地で記録会・競技会が行われた。

26日の順大競技会男子3000mに、東京五輪3000m障害入賞の三浦龍司(順大)と同種目リオ五輪代表の塩尻和也(富士通)が出場。塩尻が7分53秒44で1着、三浦は7分55秒43の2着だった。

25日の早大競技会には、早大のほかに東洋大、明大などが出場。男子3000mでは、児玉真輝(明大2)が8分03秒60、小澤大輝(同3)が8分03秒86をマーク。箱根駅伝9区を走った前田義弘(東洋大3)が8分10秒63。自由ヶ丘高(福岡)からこの春に東洋大に進学する西村真周が8分12秒63の好記録を出している。早大1年の伊藤大志は8分12秒89。

27日の東海大春季競技会、男子100mで伊藤孝太郎(横浜市陸協)が10秒23(+1.5)の好記録。男子5000mでは吉田礼志(中央学大1)が13分52秒85、10000mでは千守倫央(中大3)が29分27秒57をマーク1500mでは市村朋樹(サンベルクス)が3分43秒06だった。同日の鹿児島県実業団記録会の女子5000m競歩で大山藍(鹿児島女高1鹿児島)が高1最高となる22分31秒74をマークした。また。大牟田春季記録会の男子5000m競歩で、昨年のインターハイ王者・古賀文也(大牟田高3福岡)が20分30秒17の自己新だった。

25日の国士大競技会、女子やり投にロンドン世界選手権代表の斉藤真理菜(スズキ)が出場して59m33を投げている。26日の九州学連競技会では、東京五輪女子4×100mリレー代表の兒玉芽生(福岡大4)が出場して11秒64(+1.7)。女子三段跳では髙島真織子(福岡大4)が学生歴代6位の13m22(+1.9)をマークした。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com