月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

女子5000m競歩で大山藍が高1最高の22分31秒74!/鹿児島県実業団記録会


27日、鹿児島県大崎市のジャパンアスリートトレーニングセンター大隅で鹿児島県実業団記録会が行われ、女子5000m競歩で大山藍(鹿児島女高1)が22分31秒74の高1最高記録をマークした。従来の最高記録は石田さつき(大津商・滋賀)の22分50秒47(2020年)で、これを20秒近く上回った。

もともとは長距離が専門だった大山は、故障をきっかけに昨年6月から競歩を始めたばかり。12月には高1歴代3位(当時)となる23分19秒66を記録し、初の全国大会となった今年2月のU20選抜競歩では大学生や上級生を抑えて22分46秒で圧勝。競技歴1年足らずながら注目を集めている。U20選抜競歩の優勝インタビューでは「インターハイで入賞できるくらいのレベルになることを目標にがんばりたい」と答えていたが、今回のタイムで新年度の高校生ランキングのトップに立った。

■女子5000mW高1歴代5傑
22.31.74 大山  藍(鹿児島女・鹿児島) 2022.3.27
22.50.47 石田さつき(大津商・滋賀)   2020.10.25
23.03.87 河添 香織(立命館宇治・京都) 2011.11.27
23.35.78 籔田みのり(県西宮・兵庫)   2018.3.18
23.36.9  板倉 美紀(寺井・石川)    1991.11.24

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com