HOME アイテム

2019.12.08

【シューズレポ】サブスリー編集者が語る!! アディダスの「Adizero Japan 5」
【シューズレポ】サブスリー編集者が語る!! アディダスの「Adizero Japan 5」

【シューズレポ】サブスリー編集者が語る!!
アディダスの「Adizero Japan 5」

年末年始の駅伝を前に、アディダス ジャパンは「Adizero(アディゼロ)」シリーズの日本限定モデル「ADIZERO EVERGREEN PACK(アディゼロ エバーグリーンパック)」を発売する。その中で「Adizero Japan(アディゼロジャパン)5」を12月10日の発売を前にトライアルできたので、履いた感想をレポートする。

アディダスの日本限定モデル「ADIZERO EVERGREEN PACK(アディゼロ エバーグリーンパック)」

前作よりドロップが1~2mmアップ
ミッドソールには新素材を採用

アディゼロジャパンと言えば、2008年にハイレ・ゲブルセラシェ(エチオピア)が2時間3分59秒の世界新記録(当時)を打ち立てた時に履いていたモデルだ。あれから11年が経ち、5作目となった今回はいくつもの新テクノロジーが搭載されている。

広告の下にコンテンツが続きます

シューズクリエイターである大森敏明氏が日本人ランナーの走り方を調査したところ、近年はフォアフットから接地する選手が増えていることがわかったという。そこで、「ADIZERO EVERGREEN PACK」に共通する特徴として、前作よりもドロップ(前足部と踵の高低差)を1~2mmアップさせたマイクロフィットラストを採用。0.01mm単位までこだわり、従来のフィット感を保ちながらも推進力を生み出す設計にしている。

0.01mm単位までこだわった「マイクロフィットラスト」はシューズクリエイターの大森敏明氏が監修

また、ミッドソールの素材として「LIGHTSTRIKE(ライトストライク)」が採用されていることにも注目。一般的な衝撃吸収素材であるEVAに比べて40%軽量で、アディダスの「BOUNCEフォーム」よりも高い反発力を持つという。
一方で、ヒールストライク(踵接地)のランナーにも対応できるよう、踵部分にはBOOST(ブースト)フォームを搭載。各素材の長所を生かした構造となっている。

BOOSTフォームを踵部分のみ搭載し、ヒールストライクにも対応している。その上部にある新素材「LIGHTSTRIKE(ライトストライク)」がミッドソール全体をカバーする

ライトストライクとBOOSTが
安定性と高反発を実現

では、実際の走り心地はどうか。まず、サイズ感としては0.5cm小さいものをチョイスしたほうがフィットする印象だ。幅もそこまで狭いわけではないので、「狭すぎて履けない」という心配はないだろう。

軽く走ってみると、まずドロップによる推進力を強く感じた。足を通した時はフラットソールかと思ったが、ソール全体が軽く傾斜しているので、走ると自然に次の一歩が誘導される。

広告の下にコンテンツが続きます

そして、最も強く感じたのは安定性だ。ライトストライクは素材としては硬めの印象で、沈み込みなども少なく、地面に伝えた力をダイレクトに反発へと変換してくれる。アディダス側の説明でもライトストライクはBOOSTフォームの課題である安定性を向上させたとあったが、まさにそのコンセプト通りに、グラつかず、安定した接地感を実現している。

その陰で、踵のBOOSTフォームもいい仕事をしている。ゆっくり走る時は接地を優しくサポート。スピードを上げるとライトストライクの稼働率が上がるので高反発となる。さまざまなスピードに対応できるモデルと言えそうだ。

ミッドソールに組み込まれた「トルションシステム」とグリップ力の高い「コンチネンタルラバー」で快適な走りを実現する

抜群の使い勝手
ダッシュからロングランまで1足で対応

今回の「ADIZERO EVERGREEN PACK」で展開されるモデルは以下の4種類だ。

Adizero Japan 5(14,000円)

Adizero Takumi Sen 6(16,000円)

Adizero RC(9,490円)

Adizero Bekoji(8,490円) ※価格はすべて税別

この中でトップランナーがトラックレースや駅伝などで使用するのはAdizero Takumi Sen 6になるだろう。では、Adizero Japan 5はどういうポジションなのか?

広告の下にコンテンツが続きます

その最大の特徴は「使い勝手の良さ」だと思う。重量を測定すると25.0cmで199gだから、際立って軽いわけではない。ゆっくり走った時の接地感が優しいと言っても、同じアディダスの「ソーラーブースト」や「ウルトラブースト」のほうがクッション性は高いだろう。

しかし、このアディゼロジャパン5が際立っているのはトータルのバランスだ。ジョグも、ダッシュも、スピード練習も、距離走も、どれも高水準でこなせる対応力の広さがある。実際、トラックで1000mや400mなどを走ってみても、1km3分20秒程度のスピードでもストレスを感じない。レースだけでなく、日々のトレーニングにも最適だ。

また、アディダス最軽量のメッシュ素材である「セラーメッシュ」を含め、耐久性も高い印象を受ける。短距離やハードル、フィールド種目(跳躍、投てきなど)を専門とするアスリートも、冬季の走り込み用として活用できるだろう。

アッパーにはアディダス最軽量のメッシュ素材である「セラーメッシュ」を採用

抜群の使い勝手ゆえに、1足持っておけばどんな用途にも対応できるのが頼もしい。そして、青山学院大学陸上競技部にインスパイアされた〝エバーグリーン〟を基調としたデザインが否応なしにテンションを上げてくれる。この冬のパートナーとして選択肢に入れておきたい一足だ。

◎文/山本慎一郎

広告の下にコンテンツが続きます

<関連リンク>
アディゼロ専用サイト(アディダス)

【シューズレポ】サブスリー編集者が語る!! アディダスの「Adizero Japan 5」

年末年始の駅伝を前に、アディダス ジャパンは「Adizero(アディゼロ)」シリーズの日本限定モデル「ADIZERO EVERGREEN PACK(アディゼロ エバーグリーンパック)」を発売する。その中で「Adizero Japan(アディゼロジャパン)5」を12月10日の発売を前にトライアルできたので、履いた感想をレポートする。 アディダスの日本限定モデル「ADIZERO EVERGREEN PACK(アディゼロ エバーグリーンパック)」

前作よりドロップが1~2mmアップ ミッドソールには新素材を採用

アディゼロジャパンと言えば、2008年にハイレ・ゲブルセラシェ(エチオピア)が2時間3分59秒の世界新記録(当時)を打ち立てた時に履いていたモデルだ。あれから11年が経ち、5作目となった今回はいくつもの新テクノロジーが搭載されている。 シューズクリエイターである大森敏明氏が日本人ランナーの走り方を調査したところ、近年はフォアフットから接地する選手が増えていることがわかったという。そこで、「ADIZERO EVERGREEN PACK」に共通する特徴として、前作よりもドロップ(前足部と踵の高低差)を1~2mmアップさせたマイクロフィットラストを採用。0.01mm単位までこだわり、従来のフィット感を保ちながらも推進力を生み出す設計にしている。 0.01mm単位までこだわった「マイクロフィットラスト」はシューズクリエイターの大森敏明氏が監修 また、ミッドソールの素材として「LIGHTSTRIKE(ライトストライク)」が採用されていることにも注目。一般的な衝撃吸収素材であるEVAに比べて40%軽量で、アディダスの「BOUNCEフォーム」よりも高い反発力を持つという。 一方で、ヒールストライク(踵接地)のランナーにも対応できるよう、踵部分にはBOOST(ブースト)フォームを搭載。各素材の長所を生かした構造となっている。 BOOSTフォームを踵部分のみ搭載し、ヒールストライクにも対応している。その上部にある新素材「LIGHTSTRIKE(ライトストライク)」がミッドソール全体をカバーする

ライトストライクとBOOSTが 安定性と高反発を実現

では、実際の走り心地はどうか。まず、サイズ感としては0.5cm小さいものをチョイスしたほうがフィットする印象だ。幅もそこまで狭いわけではないので、「狭すぎて履けない」という心配はないだろう。 軽く走ってみると、まずドロップによる推進力を強く感じた。足を通した時はフラットソールかと思ったが、ソール全体が軽く傾斜しているので、走ると自然に次の一歩が誘導される。 そして、最も強く感じたのは安定性だ。ライトストライクは素材としては硬めの印象で、沈み込みなども少なく、地面に伝えた力をダイレクトに反発へと変換してくれる。アディダス側の説明でもライトストライクはBOOSTフォームの課題である安定性を向上させたとあったが、まさにそのコンセプト通りに、グラつかず、安定した接地感を実現している。 その陰で、踵のBOOSTフォームもいい仕事をしている。ゆっくり走る時は接地を優しくサポート。スピードを上げるとライトストライクの稼働率が上がるので高反発となる。さまざまなスピードに対応できるモデルと言えそうだ。 ミッドソールに組み込まれた「トルションシステム」とグリップ力の高い「コンチネンタルラバー」で快適な走りを実現する

抜群の使い勝手 ダッシュからロングランまで1足で対応

今回の「ADIZERO EVERGREEN PACK」で展開されるモデルは以下の4種類だ。 Adizero Japan 5(14,000円) Adizero Takumi Sen 6(16,000円) Adizero RC(9,490円) Adizero Bekoji(8,490円) ※価格はすべて税別 この中でトップランナーがトラックレースや駅伝などで使用するのはAdizero Takumi Sen 6になるだろう。では、Adizero Japan 5はどういうポジションなのか? その最大の特徴は「使い勝手の良さ」だと思う。重量を測定すると25.0cmで199gだから、際立って軽いわけではない。ゆっくり走った時の接地感が優しいと言っても、同じアディダスの「ソーラーブースト」や「ウルトラブースト」のほうがクッション性は高いだろう。 しかし、このアディゼロジャパン5が際立っているのはトータルのバランスだ。ジョグも、ダッシュも、スピード練習も、距離走も、どれも高水準でこなせる対応力の広さがある。実際、トラックで1000mや400mなどを走ってみても、1km3分20秒程度のスピードでもストレスを感じない。レースだけでなく、日々のトレーニングにも最適だ。 また、アディダス最軽量のメッシュ素材である「セラーメッシュ」を含め、耐久性も高い印象を受ける。短距離やハードル、フィールド種目(跳躍、投てきなど)を専門とするアスリートも、冬季の走り込み用として活用できるだろう。 アッパーにはアディダス最軽量のメッシュ素材である「セラーメッシュ」を採用 抜群の使い勝手ゆえに、1足持っておけばどんな用途にも対応できるのが頼もしい。そして、青山学院大学陸上競技部にインスパイアされた〝エバーグリーン〟を基調としたデザインが否応なしにテンションを上げてくれる。この冬のパートナーとして選択肢に入れておきたい一足だ。 ◎文/山本慎一郎 <関連リンク> アディゼロ専用サイト(アディダス)

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.13

パリ五輪マラソン代表・鈴木優花「苦しい展開のなか耐えぬけた」女子10000mで2位/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、パリ五輪女子マラソン代表の鈴木優花(第一生命グループ)が10000mに出場し、33分21秒 […]

NEWS 社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

2024.04.13

社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子1500mではブダペスト世界選手権3000m障害6位の三浦龍司(SUBARU)が3分3 […]

NEWS 田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

2024.04.13

田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、女子1500mはツカラ・エスタ・ムソニ(ニトリ)が4分06秒54の大会新記録で優勝。日本人 […]

NEWS 【大会結果】第32回金栗記念選抜長距離(2024年4月13日)

2024.04.13

【大会結果】第32回金栗記念選抜長距離(2024年4月13日)

【大会結果】第32回金栗記念選抜陸上中長距離熊本大会(2024年4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) ●男子 GP800m  髙梨有仁(関大)       1分48秒96 GP1500m  G.アブラハム(阿見AC) […]

NEWS 女子800mは高校生・久保凛が田中希実に先着して優勝!「自己新や高校記録を狙っていきたい」/金栗記念

2024.04.13

女子800mは高校生・久保凛が田中希実に先着して優勝!「自己新や高校記録を狙っていきたい」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、女子800mは久保凛(東大阪大敬愛高2大阪)が田中希実(New Balance)を抑えて、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top