月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

多田修平 60m予選でセカンドベストの6秒57!16年桐生以来の準決勝進出/世界室内

写真/Mochizuki Jiro(Agence SHOT)

◇世界室内選手権(3月18日~20日/セルビア・ベオグラード)

2年に1度行われる世界室内選手権の2日目、男子60mの予選3組に多田修平(住友電工)が出場し、セカンドベストの6秒57で2着通過を決めた。世界室内における同種目の準決勝進出は2016年の桐生祥秀(東洋大/現・日本生命)以来となる。

多田は昨年の日本選手権男子100mで初優勝を飾り、東京五輪に出場(予選)。世界選手権では17年、19年と4×100mリレーの1走として2度の銅メダル獲得に貢献した経歴を持つ。

室内の60mでは20年に日本歴代4位タイの6秒56をマークしているが、1週間前の日本選手権室内では予選を6秒70で走り、決勝は棄権していた。今大会では隣のレーンの選手がフライング失格となる出来事があったが、落ち着いて持ち味のスタートダッシュを決めた。

また、同日には女子60mハードル予選も行われ、日本から鈴木美帆(長谷川体育施設)が5組に出場。8秒32の6着で準決勝進出はならなかった。

多田が出場する男子60m準決勝は日本時間20日(日)午前2時40分から行われる。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com