月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

多田修平は60m準決勝でフライング失格 ファイナル狙えるタイムだけに悔しい結果に/世界室内


写真/Mochizuki Jiro(Agence SHOT)

◇世界室内選手権(3月18日~20日/セルビア・ベオグラード)

2年に1度行われる世界室内選手権の2日目午後セッション、男子60m準決勝2組に多田修平(住友電工)が出場したが、不正スタートにより失格となった。多田は目視でも明らかなほど身体が動いてしまい一発失格。

2組の2着は6秒57、全3組行われた中で、記録で拾われるプラス2が同組の6秒59だった。予選で6秒57をマークし自己記録6秒56を持つ多田にとって、ファイナルに届く可能性の高い結果だっただけに悔まれる結果となってしまった。

全体トップは多田と同組だった東京五輪100m金メダルのJ.ジェイコブス(イタリア)で、今季室内リストトップの6秒45。C.コールマン(米国)は3組で6秒51のトップ通過だった。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com