月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

安藤友香 日本人トップの3位 2時間22分22秒で世界選手権派遣設定突破/名古屋ウィメンズマラソン


◇名古屋ウィメンズマラソン2022(3月13日/バンテリンドームナゴヤ発着)

ルース・チェプンゲティチ(ケニア)が2時間17分18秒の大会新で優勝。安藤友香(ワコール)が2時間22分22秒で日本人トップの3位に入り、7月のオレゴン世界選手権の派遣設定記録(2時間23分18秒)を突破した。また、鈴木優花(大東大)が学生新記録の2時間25分02秒で5位をマークした。

パリ五輪代表選考レースのマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)の出場権では、日本人6番手の9位(2時間26分23秒)に入った竹本香奈子(ダイハツ)までがこの大会で獲得。11位の岩出玲亜(千葉陸協)、13位の川内理江(大塚製薬)も2レース平均で規定の2時間28分00秒以内を満たし、MGC出場権を得た。

チェプンゲティチが6km過ぎにペースメーカーを振り切ってハイペースで飛び出す中、安藤も粘りのレースを見せた。序盤は5kmごとに16分35秒、16分33秒、16分52秒と15kmまで進んでいったが、20kmまでの5kmは、ロナ・チェムタイ・サルペーター(イスラエル)とともに16分16秒までペースアップ。20km過ぎにサルペーターに置いていかれたものの、25kmまでを16分14秒でカバーした。

そこからの5kmごとは16分57秒、17分27秒、17分42秒とペースダウンしたが、後半はほぼ単独走ながら自己ベスト(2時間21分36秒/17年)に次ぐ自己2番目のタイムでフィニッシュした。

17年のロンドン世界選手権代表だったが、昨年の東京五輪はマラソンで代表を得られず、10000mで出場。今回は再びマラソンで世界を目指そうと挑戦した。

安藤は「思ったより早く前に出られて、世界との差を感じました。強い選手についていけずに悔しいです。ただ最後まで粘れたので、その悔しさをつなげていきたいです」と話していた。

■名古屋ウィメンズマラソン2022
15位まで成績(2時間30分切り)
2.17.18 ルース・チェプンゲティッチ(ケニア)
2.18.45 ロナチェムタイ・サルピーター(イスラエル)
2.22.22 安藤 友香(ワコール)
2.24.26 細田 あい(エディオン)
2.25.02 鈴木 優花(大東大)
2.25.10 エロイーズ・ウェリングズ(豪州)
2.25.15 福良 郁美(大塚製薬)
2.25.56 太田 琴菜(日本郵政グループ)
2.26.23 竹本香奈子(ダイハツ)
2.26.50 池田 千晴(日立)
2.27.03 岩出 玲亜(千葉陸協)
2.27.16 和久 夢来(ユニバーサルエンターテインメント)
2.27.52 川内 理江(大塚製薬)
2.28.28 足立 由真(京セラ)
2.28.56 大西ひかり(日本郵政グループ)

■名古屋ウィメンズでのMGC獲得者
◇日本人1~3位で2時間28分00秒以内
2.22.22 安藤 友香(ワコール)
2.24.26 細田 あい(エディオン)
2.25.02 鈴木 優花(大東大)
◇日本人4~6位で2時間27分00秒以内
2.25.15 福良 郁美(大塚製薬)
2.25.56 太田 琴菜(日本郵政グループ)
2.26.23 竹本香奈子(ダイハツ)
◇対象大会2レース平均2時間28分00秒以内
2.27.03 岩出 玲亜(千葉陸協)22年大阪国際で2時間27分14秒
2.27.52 川内 理江(大塚製薬)22年大阪国際で2時間25分35秒

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com