月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

鈴木優花 2時間25分02秒の学生新 初マラソンながら従来の記録を1分44秒更新/名古屋ウィメンズマラソン


◇名古屋ウィメンズマラソン2022(3月13日/バンテリンドームナゴヤ発着)

初マラソンの鈴木優花(大東大)が2時間25分02秒で5位。2014年の大阪国際で前田彩里(佛教大/現・ダイハツ)がマークした学生記録2時間26分46秒を1分44秒更新した。

スタート直後から第2集団でレースを展開。時折集団のトップに立つなど、積極的なレースを見せると、25km過ぎからは集団を飛び出して前を追った。30kmまでは5km17分前後を維持。一時は前田の学生記録を3分近く上回る好ペースだった。30km以降の5kmは17分14秒、次の5kmは17分50秒と終盤は勢いが衰えたが、粘って学生新記録を打ち立てた。

秋田県出身。大曲高校では全国的に無名だったが、大学進学後に大きく飛躍した。10月の全日本大学女子駅伝では1~3年まで3年連続で区間賞。2019年はユニバーシアードハーフマラソンで金メダルを獲得し、大学4年生の昨年は日本インカレ10000mを制覇している。

学生長距離界のエース的な存在だったが、卒業前のレースでまた一つ勲章を手にし、来年のパリ五輪選考レース「マラソングランドチャンピオンシップ」の出場権もつかんだ。春から実業団の第一生命グループに加入するが、さらに注目を集めそうだ。

■女子マラソン 学生歴代10傑
2.25.02 鈴木 優花(大東大4+) 2022年
2.26.46 前田 彩里(佛教大4+) 2014年
2.31.46 松本こずえ(中大) 1996年
2.32.28 赤坂よもぎ(名城大4+) 2018年
2.32.41 奥野有紀子(京産大4+) 2015年
2.33.02 逸見八重子(国士大2+) 1998年
2.33.10 水口  瞳(大阪学大3+) 2018年
2.33.43 高山 明美(福岡大) 1991年
2.33.51 折野 加奈(大阪学大4+) 2014年
2.34.26 山本明日香(大阪芸大2+) 2018年

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com