月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

女子走幅跳・秦澄美鈴が6m52!室内日本記録まであと5cm/日本選手権室内


◇日本選手権・室内競技(3月12、13日/大阪城ホール)

女子走幅跳の第一人者・秦澄美鈴(シバタ工業)が初戦から魅せた。5回目に6m52を跳んで優勝。花岡麻帆の持つ室内日本記録にあと5cmに迫った。「室内日本記録を目指していたので記録については悔しいです」。

この冬は本格的にウエイトトレーニングに着手。その成果で「力の入り方が違う」と助走に力強さを感じた反面、「1回目の助走が崩れて、徐々に修正していった」と、ファウル、5m35と続いた3回目に6m22を跳んだ。3回目に6m34まで伸ばし、最終5回目(※今大会は5回まで)にようやくまとめた形だ。

「今季の最大目標はオレゴン世界選手権」で、「アジア室内がなくなったことで、ワールドランキングではなく参加標準記録(6m82)を跳んで出場したい」と語る秦。昨年、跳んだ自己ベストは日本歴代4位タイの6m65で、まずは6m50以上を安定させれば、大きなところも狙える。初戦としては「6m50を跳べたので上々」なシーズンインを迎えた秦。屋外で世界に向けたビッグジャンプなるか。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com