月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

全米室内男子砲丸投でクルーザーが22m51の今季世界最高 各国の室内選手権で好記録続出


写真/Mochizuki Jiro(Agence SHOT)
今週末には各国の室内選手権が行われ、好記録がマークされた。

全米室内選手権では、27日の男子砲丸投で世界記録保持者・R.クルーザーが今季世界最高の22m51で圧勝。男子七種競技は東京五輪十種競技4位のG.スキャントリングが世界歴代9位の6382点で制した。男子60mハードルはこの種目の世界記録保持者・G.ホロウェイが大会タイ記録の7秒37で制覇。男子60mはC.コールマンがシーズンベスト、今季世界最高タイの6秒45で制した。男子走高跳は東京五輪7位のJ.ハリソンが2m28で、男子走幅跳は16年リオ五輪4位のJ.ローソンがシーズンベストの8m19mでそれぞれ優勝した。女子棒高跳では東京五輪銀メダルのS.モリスが4m80でV。東京五輪金メダリストのK.ナジョットは試技数差で2位に敗れた。男子棒高跳ではただ一人5m91をクリアしたC.ニルセンがタイトル獲得。ニルセンは今月初旬に北米記録の6m02を跳んでいる。

また、米国では学生の対抗戦も各地で開催されており、テキサス州で行われたサウスイースタン・カンファレンス(SEC)選手権では女子200mでA.スタイナーが室内北米記録の22秒09を樹立。室内世界歴代2位の好タイムだった。スタイナーの屋外での自己記録は22秒59(19年)。屋外100mでは11秒32の自己記録を持っている。

26日のポルトガル選手権では女子砲丸投で東京五輪4位のA.ドンモが今季世界最高の19m90で優勝。屋外の自己記録(19m75、21年)を上回る自己新で、ナショナルレコードを更新した。同じく26日のスイス選手権の女子60mでは、東京五輪100m6位のM.カンブンジが7秒05で優勝。スペインの選手権の男子3000m(27日)では2月初旬に7分30秒82の室内欧州記録を樹立したA.メチャールが8分03秒74でV。前日の1500mも3分47秒37で制した。

英国選手権では、男子5000m欧州室内記録保持者のM.スコットが3000mに出場し、7分53秒35で勝利した。スウェーデンでは男子円盤投で19年ドーハ世界選手権、東京五輪金メダリストのD.ストールが67m62で優勝。室内では世界歴代2番目の記録にあたる。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com