月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

男子クウィゼラ、女子ダニエルがV シーズン王者へ残り1戦前にトップに立つ/WAクロカンツアー

2月27日、アルブフェイラ(ポルトガル)でWA(世界陸連)クロスカントリーツアー・ゴールドの競技会が開催され、男子(8.45㎞)はR.クウィゼラ(ブルンジ)が24分21秒で、女子(6.37km)は20歳のR.ダニエル(エリトリア)が21分09秒で優勝した。

男子は2位には昨年のU20世界選手権金メダリストのB.キプラガット(ケニア)が24分25秒で続き、女子はL.アメバウ(エチオピア)がトップと1秒差の21分10秒で2位だった。

WAクロスカントリーツアーのゴールド大会は3月6日のシレジア(スペイン)大会のあと1大会を残すのみとなっており、クウィゼラ、ダニエルともにこの大会終了時点でツアーランキングのトップに立っている。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com