HOME ニュース、海外

2022.02.28

ジョン・ランディ氏が91歳で死去 1954年に1マイルと1500mで世界新
ジョン・ランディ氏が91歳で死去 1954年に1マイルと1500mで世界新

1956年メルボルン五輪男子1500m銅メダリストのジョン・ランディ氏(オーストラリア)が2月24日に亡くなったことが分かった。91歳だった。

ランディ氏は、英国のロジャー・バニスター氏(故人)や米国のウェス・サンティー氏(故人)とともに1950年代に1500mや1マイルで世界を牽引した。当時、1マイル4分切りは「人類には超えられないもの」とされてきたが、54年5月6日にバニスター氏が史上初の3分台となる3分59秒4をマーク。それから46日後の6月21日に、ランディ氏がフィンランドのレースで3分58秒0とさらに更新し、その時の1500m通過タイム3分41秒8も世界新記録だった。

五輪では、52年のヘルシンキ大会で1500mと5000mの2種目に出場。4年後の地元メルボルン大会で銅メダルを手にした。現役を退いた後、政治家へ転身。2001年から06年までビクトリア州知事を務めていた。

国際オリンピック委員会(IOC)副会長で、オーストラリアオリンピック委員会のジョン・コーツ会長は、「オーストラリアのロールモデルはジョン・ランディ氏」と故人を評して追悼した。

1956年メルボルン五輪男子1500m銅メダリストのジョン・ランディ氏(オーストラリア)が2月24日に亡くなったことが分かった。91歳だった。 ランディ氏は、英国のロジャー・バニスター氏(故人)や米国のウェス・サンティー氏(故人)とともに1950年代に1500mや1マイルで世界を牽引した。当時、1マイル4分切りは「人類には超えられないもの」とされてきたが、54年5月6日にバニスター氏が史上初の3分台となる3分59秒4をマーク。それから46日後の6月21日に、ランディ氏がフィンランドのレースで3分58秒0とさらに更新し、その時の1500m通過タイム3分41秒8も世界新記録だった。 五輪では、52年のヘルシンキ大会で1500mと5000mの2種目に出場。4年後の地元メルボルン大会で銅メダルを手にした。現役を退いた後、政治家へ転身。2001年から06年までビクトリア州知事を務めていた。 国際オリンピック委員会(IOC)副会長で、オーストラリアオリンピック委員会のジョン・コーツ会長は、「オーストラリアのロールモデルはジョン・ランディ氏」と故人を評して追悼した。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.13

五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第3戦の士別大会が7月13日に行われ、女子3000mAではパリ五輪5000m代表の樺沢和佳奈(三井住友海上)が8分53秒99の自己新をマークした。 6月末の日本選手権以来のレースと […]

NEWS 男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

2024.07.13

男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

7月12日、男子走高跳のM.E.バルシム(カタール)が自身のSNSを更新し、「パリ五輪が自身最後の五輪になる」と発表した。 6月に33歳となったバルシムは男子走高跳を長く牽引してきたジャンパー。2010年の世界ジュニア選 […]

NEWS 男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

2024.07.13

男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

7月13日、第97回北海道選手権の初日が網走市運動公園市営陸上競技場で行われ、男子走幅跳に日本記録保持者の城山正太郎(ゼンリン)が出場し、シーズンベストの7m86(+1.7)で優勝した。 昨年の世界選手権代表の城山。今季 […]

NEWS 【男子200m】井手友郎(済美高1) 21秒28=高1歴代8位

2024.07.13

【男子200m】井手友郎(済美高1) 21秒28=高1歴代8位

7月13日、第79回愛媛県選手権の2日目が行われ、男子200mで高校1年生の井手友郎(済美高1愛媛)が21秒28(+1.5)の大会新記録で優勝した。この記録は高1歴代8位の好記録となる。 井手は桑原中時代に全中200m5 […]

NEWS 【男子100m】髙城昊紀(宮崎西高1) 10秒52=高1歴代6位タイ

2024.07.13

【男子100m】髙城昊紀(宮崎西高1) 10秒52=高1歴代6位タイ

7月13日、第48回宮崎県高校1年生大会の1日目が宮崎市の宮崎県総合運動公園競技場で行われ、男子100mで髙城昊紀(宮崎西高)が10秒52(+0.5)で優勝を果たした。 髙城のこれまでの100mベストは今月7日に出した1 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top